in

Seventeenミンギュ「学暴」疑惑解消 – 活動再開

ミンギュ


Seventeen「ミンギュ」の「学校暴力」疑惑について、プレディスが6日「最終的な立場」を発表。その中で「疑惑終結」を宣言し、「ミンギュは活動を再開する」と伝えました。

声明文には、ミンギュ自身のメッセージも含まれています。

プレディス・エンターテインメント

「オンライン上に投稿されたSeventeenメンバー、ミンギュの学生時代関連で当社の最終的な立場をお伝えいたします」

「まず弊社は今回の事案について、事実関係を漏れなく確認し、何よりもその過程で誰にも不当さを感じさせないようという原則で臨みました。アーティストに関するコメントを書いた方と、直接連絡を取りながら事実関係を確認し、これを通じて事実関係を正しました」

「先だって伝えた立場に続き、最後に中学校のことを書いた方を通じてBと呼ばれる当事者の方とも連絡がつき、3週間かけて事実関係を確認しました。約10年前の出来事に対して、各自の主張と記憶がすれ違った部分はあったが、お互いに同意できる地点を見つけるために努力しました」

「本人と直接会って対話をしながら証拠や第3者の話をやり取りする真実攻防を超えて、お互いの立場を理解し配慮しながら議論を続けてきました。アーティストは中学校時代の友達がいたずらをしたら、隣で何も考えずに笑ったりしたと説明した。アーティストは当事者が説明した状況が記憶になく、意図しなくても、本人によって当事者が傷つけられた部分があるとしたら申し訳ないというメッセージを会社を通じて伝えました。当事者の方も過去のことでアーティストがより大きな責任を負うことを望まないと仰っています」

「当事者の方とアーティストが、お互いに追加的な被害がないように願っています。したがって、本件について不必要な憶測で当事者に迷惑をかけることがないよう願います」

「オンライン上で書き込みをした方を探して、多くの人の記憶をたどって事実関係を把握するのは多くの時間と努力が必要なことでした。軽々しく扱ってはいけない事なので、毎回最大限慎重に当たってきました。これにより当社の最終的な立場表明が遅れた点、ご理解ください」

「ミンギュは今回のことが起きただけでも、ファンの皆さんに心配をおかけして申し訳ないと、次のように伝えています」

(ミンギュ)『ファンの皆さんに心配をおかけして申し訳ありません。今回の事を経験しながら辛くもありました。でも、私の考えや記憶と違って意図しない私の行動によって誰かが傷つくかもしれないということを知りました。またこれからどんな態度を持つべきか考えてみる時間でもありました』

『僕はファンの皆さんの愛で活動する人なので、いいエネルギーを返すためにもっと成熟した人になるべきだと再度悟りました。これからより慎重に行動して、ファンの皆さんのそばにいつまでも居れるように努力します』

「当社はこれにより、アーティストの学生時代に関する事案を一段落させようと思います。ミンギュはしばらく止まっていた活動を再開し、決まった日程を徐々に消化していく予定です」

「当社も所属アーティストに関することで多くの方々に心配をおかけしておわび申し上げます。ありがとうございます」





guest
7 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る