in

宮脇咲良「日本のオタクの真似」….「韓国ファン揶揄」騒動を意識?


宮脇咲良が日本で披露したステージに対して、「韓国人ファンを揶揄したのでは?」との声が浮上。宮脇咲良はその翌日、「日本のファンの格好をした」と言及しています。

一部で問題視されたのは、29日に行われたHKT48の公演で披露されたステージ。村重杏奈が宮脇咲良の大ファンに扮し、韓国語で「君しかいない、咲良、愛してる」と書かれたプラカードを持ちながら熱烈に応援し、ボディーガードに引きずり出されるパフォーマンスです。

このステージを見た韓国のネットユーザーの間では「韓国人ファンを揶揄したもの」と受け取る向きがありました。


HKT48の公演なのに、日本語ではなく韓国語を使ったプラカードを使用したため「韓国人ファンを演じたのでは?」との指摘があがり、ボディーガードに連れて行かれる演出に対して、不快感を感じたというのです。この件は、韓国芸能メディアでも取り上げられました。(「韓国ファンを揶揄?」宮脇咲良、HKT48ステージで物議)

宮脇咲良は翌30日に行われたオンラインファンイベントに出席。騒動を意識したのか、このステージについて「日本のファンの格好をした」と言及しました。『最近一番笑ったことは何ですか?』との質問に、次のように答えています。

村重杏奈「咲良ありますか?」

宮脇咲良「昨日、村重杏奈ちゃんがアイドル人生を全てかけて『ハイテンション』と言う曲で、ファンの格好というか、なんていうんだろう…」

村重杏奈「オタクっていうか、日本のファン」

宮脇咲良「古き良き伝統のファンの格好をして、すごく盛り上げてくれた。毎日一回は見ようかなと思っています」

村重杏奈「咲良のためにラップを考えて、それを披露したんですよ。でね、それが凄い咲良面白かったんだよね」

宮脇咲良「はい」

宮脇咲良はIZ*ONEの活動を終えた後、4月に日本に帰国。6月19日に、HKT48卒業を控えています。宮脇咲良には、BTSが所属するHYBE専属契約説が取りざたされており、IZ*ONE解散後もその動向が韓国で注目されています。





guest
18 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る