in

中国、BTS「フレンズ」出演シーンをカット


米ドラマ「フレンズ」の特別編「フレンズ:ザ·リユニオン」に出演した「BTS」。その出演分が中国でカットされたといいます。

米Varietyは27日「中国のストリーミングプラットフォームでは、BTSをはじめ, レディーガガ, ジャスティン・ビーバーの出演シーンがカットされた」と報じました。

中国のネットユーザーたちは、検閲当局の指針のためだと推測。BTSは昨年、朝鮮戦争に関するスピーチで、中国から非難を浴びたことがありました。

昨年10月に行われた「2020 Van Fleet Award」で、BTSは「両国(韓米)が共有する苦痛の歴史と数多くの犠牲を記憶する」と述べました。

中国への言及はありませんでしたが、中国ネットユーザーは「BTSは戦争で犠牲になった中国軍人を尊重しなかった」と主張し、中国メディアもこれを大々的に報じました。その後、中国の一部物流会社がBTS関連商品の配送を中断しました。

(ワーナーメディア)


BTSは27日放送のHBOマックス「フレンズ:ザ·リユニオン」に登場。約1年前に韓国で事前撮影した映像が公開される形での出演となりました。

フレンズ側はインタビュー映像に「BTS、BIGGEST BOYBAND ON THE PLANET(BTS、地球上で最も人気のボーイズバンド)」という字幕を入れてBTSを紹介。

リーダーのRMは「『フレンズ』は、私が英語を学ぶ上で本当に大きな役割を果たし、私に人生と真の友情について教えてくれた」と語りました。その後、メンバー全員で「We love friends」と「フレンズ」への愛情を示していました。





guest
8 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る