IZOne(アイズワン)新曲「Buenos Aires」、海外K-POPファンに不評

アイズワン


IZOneの新曲“Buenos Aires“(ブエノスアイレス)が、海外ファンから酷評されています。

6月13日に公開された”Buenos Aires“のMV。同曲はIZOne日本2ndシングル「Buenos Aires」のタイトル曲で、作詞は秋元康氏, 作曲は渡辺未来氏が担当しています。

MV公開直後から海外ファンを中心に、「酷い」との声が相次いでいます。





IZOneの日本2ndシングル「Buenos Aires」は6月26日にリリースされます。

[ファンの反応]

「IZOneの新しい日本の曲は、すごくポテンシャルがあったけど…プロデュースとボーカルミキシングが本当に酷い」

「IZOne新曲が、ゴミと思ったの自分だけじゃなくてよかった。」

「とにかく、IZOneがゴミみたいな曲を出したことを忘れて、”Highlight”を聴こう」

「ダンスブレークとオートチューンが耳障りで、めちゃくちゃ。IZOneいつも、良い曲出すのに、今回はやらかした」

「AKB48(とそれに関係するグループ)の全曲を手がけたのと同じ人。全部の曲がこんな感じ。彼は良いプロデューサーでもソングライターでもない。曲は、1台のロボットが歌っているように聴こえる。個性的な声を持つ12人ではなくて。」




2個のコメント

  1. Kpop大好き!

    もともと秋元康氏には何の期待も有りませんが、大輪の花に除草剤を撒くような事は止めて欲しい。
    彼が裏方であっても気色悪いのに、今後一切表に出てこないことを切に願う。

  2. KPON

    まあ、KPOPってBTSとか東方神起とかSHINeeのような地位が確立されてるの以外は、最初の2,3曲ぐらいまでが神曲でだんだん劣化していくのがほとんどだから。
    だから長続きしない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です