in

TWICE、韓国で「ファン離れ」深刻化? 「熱愛説, 生歌が原因」の声


TWICEの韓国ファンダムで「ファン離れ」が深刻化しているといいます。

10月26日、2ndフルアルバム「Eyes wide open」をリリースしたTWICE。タイトル曲”I Can’t Stop Me”はこれまでに音楽番組4冠を達成しましたが、ファンによるメール投票の低さが注目されています。

韓国オンライン・コミュニティでは、ファン離れを指摘する書き込みが掲載されトレンド入り。投稿主は「TWICEの韓国国内ファンダム、深刻なファン離れ中」とし、「11週目のBTSと競争してメール投票(文字投票)291点、払い戻し遠征隊に負けて3位だ」と指摘。

公開された画像は、MBC「音楽中心」の1位発表時のキャプチャ画像。点数は、上から「音源+アルバム」,「視聴者委員会・ラジオ・動画」,「チャート点数」,「グローバル投票」,「生放送メール投票」となっており、これらを総合してその週の1位が決定されます。

このうち、生放送のメール投票はそのグループのファンダム力を示す値とみられており、TWICEは最新曲で「291点」を獲得しています。


TWICEと同じ10月にカムバックしたBlackPinkは最新曲”Lovesick Girls”でTWICEの2倍以上となる「705点」を獲得, IZOneの活動再開後にリリースされた”Fiesta”は「1060点」、強力なファンダムを持つBTSはDynamiteで満点の「1500点」を獲得。特に、払い戻し遠征隊がTWICEを上回る「379点」を獲得したことは、驚きをもって受け止められています。払い戻し遠征隊は最近、MBCバラエティ番組から誕生したばかりのグループで、6年目のTWICEをファンダム力で上回っています。


「ファン離れ」の原因について、韓国ネットユーザーからは”相次ぐメンバーの熱愛説”や”アンコール舞台での生歌問題”を指摘する声が寄せられています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「正直、他のファンたちはみんな知ってるけど、TWICEファン達は見ないふりしてる」
▼「歌手が歌が下手で ファンたちが離れていく」
▼「韓国国内ファンたちが落ちたのは実感できるけど、最初からいないように煽動するな」
▼「正直国内のファンが残っていないのは、誰のせいでもなく自分たちのせいでしょ。今回アンコール映像見たけど、あまり良くなった。ナヨンとジヒョも正直TWICEの中にいるからよく見えるんだ。他のグループに行ったら…。ソロは無理だし、高い音出せないし、終わりも毎回ドキドキするよ。全く発展が見られない。私も期待して普段TWICE本当に綺麗で好きだったけど、がっかりしたよ。本業を上手く出来なくて批判されてるのに…そこに熱愛説まで?」(TWICE「I Can’t Stop Me」アンコール生歌舞台…「ジヒョ上手」「ナヨン、なんで高音パート歌わないの?」)
▼「韓国は熱愛説に特に敏感で、熱愛説になるとファンは離れる。TWICE熱愛何人目だっけ?」(TWICEチェヨンに、熱愛説 – タトゥーアーティストと交際中?)
▼「本当に男性ファン達は、ほとんど離れたようだ」
▼「私だったら今回の歌、必死に練習して出たと思うんだけど….。それが残念。努力する姿でも見せてくれたら悪口も少なかったよ。何にも変わってなくて、とても残念。歌は中毒性があって、すごくいいんだけど」
▼「国内ファンダムが完全に消えたわけではないが、深刻レベルにファン流出があることは間違いない。」
▼「最近は男性もTWICEじゃなくてBlackPinkが好きなんだよね」
▼「元から、TWICEファンダム全盛期の時も、メール投票はあまりしなかった」
▼「元々アイドルは国内人気期間が短い。長くて5年? 5年経つとコアファンだけが残り、それ以上の流入は困難」





guest
16 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る