T-ARAやDIA所属のMBKキム・グァンス代表、心筋梗塞で入院


MBKキム・グァンス代表、心筋梗塞で入院

12月8日、関係者によると、キム・グァンス代表が、心筋梗塞のためソウル聖母病院に入院した。現在、手術を受けている模様。幸いにも、早くに病院を訪れたため、危険な状態は避けられたと伝えられています。

キム・グァンス氏が代表を務めるMBKエンターテインメントには、T-ARAやDIA、IM、シャノンなどが所属しています。

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です