Wanna Oneパク・ジフンの事務所、悪質な書き込み者を提訴


パク・ジフン所属のMaruエンターテインメントが、悪質な書き込み者を正式に提訴しました。

Maruエンタは30日、先月10月24日にソウル中央地検に告訴状を提出した事実を、公式SNSを通じて発表。


Maruエンタ「各種コミュニティやSNS上での未成年者であるパク・ジフンに対する深刻なセクハラ、悪質なデマや人格攻撃により、アーティストの名誉が毀損されたことを確認。名誉毀損罪などで告訴状を提出した」

「該当文作成者や流布者に対して、どのような善処もなく、強力な対応を取る」「当社所属アーティストであるパク・ジフンの名誉が毀損されないように、積極的に努力する」

Wanna Oneのメンバーはこれまで、ダニエル、ユン・ジソン、ペ・ジニョンに関する悪質コメントに、提訴という形で強い対応を取っています。

(ソース:1,2)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です