in

aespa「コーチェラ2022」で「生歌」披露+新曲「Life’s Too Short」初公開


aespa(エスパ)」が23日(現地時間)、野外フェス「コーチェラ2022」のメインステージに登場。パフォーマンスを披露しました。


メンバー達は、アジア系レーベル「88 rising」の一員として出演。デビュー曲「Black Mamba」をはじめ, 「Next Level」, 「Savage」,「aenergy」を披露。また、発売予定の新アルバムに収録される新曲「Life’s Too Short」の英語ver.も初披露しました。





「aespa」はコロナ禍の2020年11月にデビュー。最近までパンデミックの影響により、観客制限が設けられていたため、大きな観衆を前にステージを披露するのは今回が初めて。

メンバーのジゼルは「こんなに大きなオーディエンスを前にパフォーマンスをするのは本当に初めて。とても嬉しくて、パーティーするつもりだけど、みんなはどう?」と英語で観客に語りかけていました。


また、「コーチェラ」出演発表直後から、K-POPファンの間では「生歌か口パクか」が関心事となっていたが、メンバー達は「生歌」でパフォーマンスを披露したようです。「aespa」はこれまで披露したステージの大半は「口パク」とされ、K-POPファンの間では「生歌」を望む声が多く聞かれていました。


ステージ動画は韓国オンラインコミュニティで話題に。ネットユーザーからは「ウィンター上手」「ラップライン上手」といった声が。また、先週同じメインステージに立った「2NE1」と比較するコメントも散見されています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「ウィンター上手だよ」
▼「ジゼルの声がすごくいいね」
▼「意外とラップラインがライブが上手だ」
▼「メインボーカルのニンニンが不安定だ。息切れして」
▼「観客が少ないんだけど」
▼「観客の写真見てから言ってね」


▼「あんな大きなステージに立ったのはほぼ初めてじゃない? コロナで舞台経験ない」
▼「意外だ、ニンニンが一番弱い」
▼「ニンニンメボでしょ?ニンニン以外のメンバー達上手だね」
▼「ニンニン、日本の演歌歌手みたいな歌い方なんだけど」
▼「この子達が生歌するの初めて見る」
▼「声量みんなすごいよ」
▼「歌は上手いけど、ステージが退屈だ」
▼「なんでステージがこんなに退屈なんだろう」
▼「2NE1と比べると、舞台が面白くない」


▼「BlackPink, 2NE1を見ると、確かに差があるよ」

▼「2NE1と比べると何かエネルギーと実力が足りないように見える」
▼「当然でしょ。キャリアが違うんだから。aespaは新人で舞台経験もあまりないのに」
▼「コンサート初心者と、第2世代トップ2ne1をなんで比べるのか。明らかにアンチだ」





guest
146 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る