in

HYBE「2020年にSMエンタ株取得を検討」との報道


HYBE(旧ビッグヒット)が2020年に、SMエンタの株式取得を検討していたといいます。インベスト朝鮮が伝えています。

SMエンタをめぐっては現在、ネイバーやカカオがコンテンツ強化を目的に、持分取得でしのぎを削っているといわれています。両社は「筆頭株主イ・スマン代表プロデューサーが所有する持分(19.21%)の一部または全部の取得を目指している」といいます。

この件に関連して、インベスト朝鮮は「SMの持分売却説は、絶えず市場で取りざたされていた」とし、「実際に昨年BTS所属事務所のHYBE(当時ビッグヒット)がSMの持分買収を検討したが、結局、実現しなかった」と伝えました。

HYBEは近年、M&Aを積極的​に行っています。2019年にGFriendが所属していた「ソース・ミュージック」を買収したのを皮切りに、2020年5月「プレディス」、11月にはジコ(ZICO)の所属事務所「KOZ」を買収。今年4月には、ジャスティン・ビーバーなどが所属する米総合メディア企業「イサカ・ホールディングス(Ithaca Holdings)」を買収。

現在、K-POP事務所として時価総額「9.97兆ウォン」で圧倒的1位のHYBE。もしSMとの資本提携が実現していれば、K-POP市場での存在感はより強固なものになっていたとみられます。

今回のニュースは、韓国オンライン・コミュニティでも話題になり、ネットユーザーに衝撃を与えています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「独占は良くない」
▼「恐ろしい記事だ」
▼「良かった、想像するだけでもクラクラする」
▼「わぁ、HYBE + SM実現したら、業界がひっくり返るところだった。バラエティーやドラマの制作までしてるので」
▼「コミュニティが大騒ぎになるところだった」
▼「めまいがする。文だけ見ても」
▼「HYBEはSMの時価総額10倍じゃない?」
▼「SMがそんなに大きいんじゃないんだよ。HYBEが大きすぎる」
▼「イ・スマンは持分を全部売りそうにない。カカオのようなところに一部売って出資を受け入れるんだろう」
▼「バンタンとEXOが同じ会社になるところだったww」
▼「実現しなくて本当によかった」





guest
32 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る