in

「ソ・イェジ」側声明「キム・ジョンヒョン操縦ない…恋人同士の争い」

ソ・イェジ


ソ・イェジ」が「キム・ジョンヒョン」の元恋人で、MBCドラマ「時間」の途中降板に影響を及ぼしたと伝えられる中、「ソ・イェジ」所属事務所が立場を明らかにしました。

所属事務所ゴールドメダリストは13日「キム・ジョンヒョン氏側との確認の結果、ドラマ関連の議論がソ・イェジによって発生したのではないことが明確に確認された」と明らかにしました。

事務所はまた、学歴, 校内暴力についても釈明しました。

ソ・イェジ所属事務所ゴールドメダリスト

「キム・ジョンヒョン氏側との確認の結果、ドラマ関連の議論がソ・イェジによって発生したのではないことが明確に確認され、これに対して本人の立場を明らかにするという意思を表明しました」

「論議が増幅する状況で、ジョンヒョン氏の立場とは別にまず当社の立場を明らかにします。もう一度、立場表明が遅れた点、お詫びします」

「取り沙汰されているように、ドラマ主演俳優が誰かの言葉によって本人の自由意志なしに、その通りに行動するということは常識的に納得しにくいです。1人の俳優がいかなる意志も持たずに演技と撮影を進行することは現実的に不可能です」

「公開された会話の内容には出ていないが、当時、キム・ジョンヒョン氏も他のドラマを撮影していたソ・イェジさんに対して、キスシーンを撮影しないように、要求する会話がありました。しかし、ソ・イェジさんも『じゃあ、あんたもやらないで』という風に、他人とのスキンシップに対する恋人同士の嫉妬交じりの会話が交わされました」

「これは業界で恋人同士の俳優たち間によくある愛情のある争いと見ることができます。しかし、すべての俳優は恋人同士の愛情争いとは関係なく撮影を正常に行います」

「キム・ジョンヒョン氏も、他のやむを得ない個人の事情があったのだろうと思います。また、報道されたのは公開されてはならない個人間の会話です。恋人同士の非常にプライベートな会話であることが考慮されておらず、大きな誤解を招いたのだと考えています」

「結果的に恋愛問題においても個人の未成熟な感情で多くの方々にご心配をおかけするようになった点深く反省しています」

「そして最近、ソ・イェジさんの学歴に関する問い合わせが多く、この場を借りて事実関係について回答します。ソ・イェジさんは、スペイン・マドリードの『マドリード・コンプルテンセ大学』から合格通知を受けて入学を準備した事実はあるが、その後、韓国での活動を始めるにつれ、正常に大学に通うことができなかった」

「また、さらに提起されている”校内暴力”関連の疑惑については、一切事実ではないという点を申し上げます」

(「ソ・イェジ」が元カノ?「キム・ジョンヒョン」に「ソヒョン」へのスキンシップ禁止令)





guest
24 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る