in

「aespa」デビュー2周年!一部ファン活動に不満「活動短すぎ」「IVE, NewJeans, Le Sserafim登場で、存在感薄れた」


aespa(エスパ)」が11月17日、デビュー2周年を迎えています。


「aespa」は2020年にデビュー。Red Velvet以来のSMガールズグループとして、デビュー前から大きな注目を集めました。2ndシングルとしてリリースされた「Next Level」は大ヒットを記録し、同年の授賞式で新人賞を総なめし、「MMA 2021」では大賞も受賞。最高のデビュー年を送りました。

デビュー記念日を迎えて、SNS上では「デビュー2周年」を祝うコメントが殺到。ファンの間では明るいムードが漂っていますが、一部では2年目の活動について「不満」の声も聞かれています。


韓国オンラインコミュニティ「Theqoo」では、「2022年今年1年、音楽番組4回だけ出て活動を終えたaespa」との書き込みがトレンド入りすることに。

aespaのファンとみられる「投稿主」は、今年の活動について「今年カムバック曲である『Girls』で音楽番組をわずか4回だけで活動を終えた。収録曲『illusion』と音楽番組の出演回数が1回しか違わず、ファンは皆悲しんでいる」。


さらに「だからといって成績が悪かったというわけでもない。アルバムは初動100万枚以上を記録。まだ日本デビューをしていないにもかかわらず日本でもかなり成績が良かった」としながらも、「年末シーズンだけど、年末舞台のニュースがなくファンは絶望状態」と綴っています。

(「2022 MAMA」出演者、SMはゼロ?….HYBEとJYPが最多4組)

指摘の通り、「aespa」は今年7月に2ndミニアルバム「Girls」をリリースした後、出演した音楽番組はMカ, 音楽中心, ミューバン, 人気歌謡にそれぞれ1度だけ。通常、K-POPグループの活動期間が2~3週間であることを鑑みると、極めて少ない方です。また、今年は1度しかカムバックしていない点も、ファンの不満を招いています。

「Next Level」のヒットを追い風に、デビュー2年目に更なる飛躍が期待された「aespa」。しかし、今年の活動ぶりについて、一部のファンは満足していない様子。今年は新世代グループIVE, NewJeans, Le Sserafimが大活躍し、ファンの中では焦りもあるとみられます。

オンラインコミュニティでは「一番大事な時期なのに」「IVE, NewJeans, Le Sserafimの登場で、存在感が薄れている」といった声が聞かれています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「ひどい」
▼「そういえば、今年はIVE, NewJeans, Le Sserafimは賑やかだったけど、aespaは静かだったね」
▼「ファン達、すごく残念だろうね」
▼「音楽番組の年末ステージも出ないって本当?」
▼「じゃあ、何してるの?」
▼「デビューしてから2年なら一番大事な時じゃない? 」
▼「一番プッシュしないといけない時期なのに、20年目のグループのように活動させるのは不思議。本当に久しぶりにメガヒット曲が出た後なのに」
▼「新人なのにどうしたんだろう。BlackPinkみたいにしたいみたい」
▼「ブルピンみたいに、神秘コンセプトで推してるんじゃない?」
▼「ガールズグループは最近、本当に熾烈で、だんだん関心が薄れているみたい」
▼「去年ヒットしたからって、呑気すぎないか。今はIVE, NewJeans, Le Sserafimで大騒ぎになってるけど」
▼「何かaespaの存在感がなくなっている…..IVE, NewJeans, Le Sserafimが活躍したせいかな」
▼「SMの狙いが分からない」





guest
65 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る