in

BlackPink「Billboardグローバル200」1位2位独占+「Shut Down」米Hot100「25位」初登場


BlackPink」の新曲「Shut Down」が、米Billboardシングルチャート「Hot100」で「25位」に初登場。グローバルチャート「グローバル200」ではTO2を独占しています。

「BlackPink」は今月16日、約2年ぶりの新アルバム「Born Pink」をリリース。そのタイトル曲「Shut Down」は、最新の「Hot100」で「25位」に初登場しました。

同チャートへのチャートインは、11度目で、K-POPガールズグループとしては最多のチャートイン数です。過去曲のチャートアクションを振り返ると、「Ice Cream」(13位), 「Pink Venom」(22位), 「Sour Candy」(33位), 「How You Like That」(33位), 「Kill This Love」(41位), 「Ddu-Du ddu-Du」(55位), 「Lovesick Girls」(59位), ロゼ「On The Ground」(70位), リサ「Lalisa」(84位)、「Kiss and Makeup」(93位)。


グローバルチャート「グローバル200」では、「Shut Down」は1位を獲得。2位には、8月にアルバムの先行シングルとしてリリースされた「Pink Venom」がチャートイン。「BlackPink」がTOP2を独占しました。


米Billboardは「『Pink Venom』以来2度目の1位を獲得した。16-22日の期間に、『Shut Down』はストリーミング回数1億5200万, ダウンロード17,000回を記録」「複数曲で1位になったのは、BTS, Justin Bieber, Olivia Rodrigo, そしてBlackPinkだけだ」と伝えています。

「Billboardグローバル200」は2020年9月にローンチしたシングルチャート。米国を含む世界200以上の地域のストリーミングとダウンロード回数をもとに集計されています。「Hot100」とは異なり、ラジオエアプレイやアルバムセールスなどは考慮されていません。

(BlackPink「Born Pink」- 米ビルボード200で1位!K-POP女性グループ初)





guest
57 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る