in

BTSテヒョン「オリヴィア・ロドリゴ耳打ち」を説明….「英語も韓国語も話していない」


BTSテヒョン」が「グラミー賞」で披露した、「オリヴィア・ロドリゴ」への耳打ちパフォーマンスについて、説明しています。

BTSは4日(現地時間3日)、ラスベガスで行われた「第64回グラミー賞」に出席し、「Butter」のステージを披露しました。

メンバー達は映画「007」シリーズの中の諜報員を連想させる黒いスーツ姿で登場し、ワイヤーを使うなどこれまでと一味違ったパフォーマンスを披露し、スタンディングオーベーションを浴びました。

このステージ中に、「テヒョン」が「オリヴィア・ロドリゴ」の座席の隣に現れ、「耳打ち」するシーンがありました。至近距離で会話する2人の姿は、視聴者のドキドキを誘い、大きな反響を呼びました。


この印象的なシーンについて、ファンは6日、Weverseを通じて「オリヴィア・ロドリゴに何とささやいたのか」と質問。

テヒョンは「ただ、インポータントビジネスだ。お互いよく分かっている」「英語も、韓国語も話してない」と明らかにしました。互いに意味のあることを言わなかったが、「意味ありげ」に見せる演技をしたといいます。


そして、素晴らしい演技を披露したオリヴィアについて、「テヒョン」は「ヒーロー」と形容しています。

このビハインドストーリーを聞いた韓国ネットユーザーからは「2人ともプロだ」「英語でもないなんて」「全部演出だったのね」「オリヴィア演技うまい」といった反応が寄せられています。





guest
11 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る