in

ATEEZ事務所「キングダム、CJENM支援説」を否定 – 法的対応を示唆

kqエンターテインメント


ATEEZが所属するKQが、「CJENMから支援を受けている」という噂を否定する声明を発表。ATEEZは現在Mnet「キングダム」に参加しており、その関係性に関心が寄せられていました。

KQエンターテインメントは25日、公式サイトを通じて「当社は総合エンターテイメント会社で、韓国の様々な会社と各分野別にパートナーシップ契約で事業を営んでおり、特定の企業の傘下になく、独自に運営されている」と明らかにしました。


KQは「最近、一部のYouTuberたちのコンテンツやコミュニティのコメント等で、当社が特定企業傘下のレーベル、あるいは子会社という憶測性の内容をベースに所属アーティストに対する様々な噂と虚偽の事実が無分別に掲載されている」-

続けて「これまでコミュニティにこれらの不正確な情報が掲載されても特に問題にはならなかったが、近年になってまるでその噂が事実であるかのように認識され流布されている現状は、当社はもちろん、所属アーティストが努力によって得た正当な名誉を傷つけると同時に、応援してくださるファンにもダメージを与える可能性があると判断した」-

KQは「虚偽の事実を掲載したYouTuber等に修正・訂正要請を進行中」「修正要請と本お知らせ以降も修正されなかったり、継続掲載される場合は、断固かつ合意のない法的措置を進める計画」と法的対応を予告しました。

現在、CJENM傘下Mnetで放送されている「キングダム」には、ATEEZが出演中。舞台セット費をめぐる不公平議論に関連して、オンラインコミュニティでは「KQがCJと関係が深いため、ATEEZが特別待遇を受けている」と言った趣旨の噂が囁かれていました。これに対し、所属事務所が今回、それを否定しました。(「1組だけセット豪華 Ateez?」キングダム収録ストップ….制作費公平性議論)





guest
5 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る