JYPパク・ジニョン「アイドルには、アルバム販売量がデジタルより重要」


TWICEが所属するJYPエンタ創業者パク・ジニョンの「フィジカルとデジタル・セールス」についての考え方が注目を集めています。

1月11日、韓国オンライン・コミュニティに、パク・ジニョンの過去のスピーチのキャプチャ画像が掲載。パク・ジニョンはその中で、「アイドル・グループには、”ストリーミングなどのデジタル・セールス”より”フィジカル・セールス”のほうが重要」との考えを示しています。





パク・ジニョンは、「(デジタル)音源は、曲が人気になり大衆の関心を引いたら、ファンじゃない人も聴くので、(デジタル)音源の成績は良くなるかもしれません」

続けて、「しかし、(フィジカル)アルバムはアーティストに対する忠誠度の高いファンしか買わないので、(フィジカル)アルバム販売量が多いと、それがそのままコンサートの収益につながる」。





パク・ジニョンは「なぜなら、(フィジカル)アルバムをお金を払って買うくらいだから、公演に行ったり、グッズ購入までつながる可能性が高い」と説明し、「アイドルを連れている会社の最も意味ある指標の一つは、アルバム販売量です」と述べました。

これに、韓国ネットユーザーからは「正しい。アルバムを購入するファンの購買力が、公演チケット、グッズに繋がる」、「でも、アルバム購入するコア層の流入通路の中で一番大きいのが、音源という点がある」との反応が寄せられています。

(ソース:1)





2個のコメント

  1. .

    アルバム販売量はもっともだが、アイドル商法をするのはダメでしょ。
    サイン会だのハイタッチ会だのの為に10枚とか、人によってはそれ以上買わせるとかダメでしょ。
    ファン達にお金を出させて広告だすとか、ケータリング(食料や飲料ななど)を出させるとか、普通にダメでしょ!

    1

  2. jeodamo

    もともとハイタッチ会はCDを買ったら運がいいことにたまたま当たって、ハイタッチをしに行くというのが普通でした。
    でも人気度が上がり、ファンが増えていくのに連れて、偶然当たるのではなく必然的に当たるようにファンがお金を払い続けるんです。私の個人の意見としてはそんなにたくさんのお金をかけるのではなく、1つ買って、当たったらラッキーだし、ハズレたら次当たるといいなでいいと思うんですけどね、、。

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です