兵務庁「スンリ入隊は、6月25日ではない….再び通知される」


スンリの延期された入隊日について、関係者が話しています。スンリは今年3月、逃避的入隊との批判に「最後まで捜査に誠実に臨む」とし、入隊延期を申請していました。

兵務庁関係者は16日、OSENに「スンリ6月25日までに、入隊をしなければならないのではない」とし、「現在、6月25日まで入隊が延期された状況であるため、その期間が過ぎれば、兵務庁が再びスンリの入隊日を通知する」と説明しました。

続けて、「入隊延期は本人が申請するのが原則であるだけに、再びスンリが入隊日(の通知)を受ければ、(本人が)再び延期するか決定しなければならない」と話しています。





また、現在、性売買斡旋, 横領, 買春, 食品衛生法違反の疑いが持たれているスンリは、送検を控えている状況。これについて、兵務庁関係者は「スンリの検察送致などと入隊との関連性を明らかにすることはできない」「拘束され入隊できないなど、法に定められた場合を除き、入隊とは関係がない」と話しています。

裁判所は14日、スンリとユ・インソク氏に対する拘束令状請求を棄却しています。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です