[プロデュースX101] VictonとUP10tionメンバー登場!「Wanna Oneが羨ましかった」


VictonとUP10TIONのメンバーが、“プデュX”に登場し、最初のクラス分け審査に臨んでいます。

5月10日に放送された「ProduceX 101」第2話。

この日、すでにデビューを経験したVictonのチェ・ビョンチャンハン・スンウ、UP10TIONのイ・ジニョクキム・ウソクが登場。


Plan A練習生として登場のチェ・ビョンチャンハン・スンウは事前インタビューで、「ワナワンが羨ましかった」と話しました。

チェ・ビョンチャンは「Wanna Oneは、私たちの後にデビューしたが、先に1位を獲得した。その時、私たちは後で見ていた」, ハン・スンウは「デビュー当時は、よかった。”ついにテレビに、出るんだ”と思った。ところが、アルバムをリリースしても、上手くいかないから負担感ばかりが増していった」と吐露しました。





UP10TIONでデビューしたイ・ジニョクキム・ウソクも、TOP Media練習生として番組に参加。

イ・ジニョクは「1年間に多くのグループがデビューし、成功するのは1グループか2グループ。努力だけではダメだと感じた」。

グループ活動が上手くいかないことについて、キム・ウソクは「最初は会社のせいにした。だけど、後々、自責の念を抱くようになった」と語りました。


その後、クラス分け審査(レベルテスト)に臨んだ4人。

Victonのチェ・ビョンチャンハン・スンウは、”Save Me”(BTS)を披露しA判定を獲得。

一方、UP10TIONのイ・ジニョクキム・ウソクは、“No More Perfume On You“(TEENTOP)を披露し、B判定を受けています。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です