防弾少年団 -“Mic Drop”、米レコード協会のゴールドディスクを獲得


防弾少年団の”MIC Drop“が、米国レコード協会のゴールド認証を獲得。

2月4日、防弾少年団がDJスティーブ・アオキとラッパーのデザイナー(Desiigner)とコラボした”MIC Drop (Remix Ver)”が、米国レコード協会(RIAA)からゴールドディスク認証を受けたことを、BTSの関係者Eshy Gazit氏が明らかにしました。



米国レコード協会は、50万枚のセールスを達成した曲にゴールドディスク認証を付与しています。デジタル・ダウンロードは1セールスとしてカウント、また、150回の音源とビデオのストリーミングも1セールスとしてカウントされます。

ゴールドディスク認証を獲得するのは、K-POPグループとしては。またKPOP全体では、PSYに続いて2組目となっています。

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です