防弾少年団ジョングク、(人と接する時)「仮面を被っている感じ」


防弾少年団のジョングクが、28日放送のJTBC「一食ください」にジンと共に登場、悩みを打ち明けています。



MCのカン・ホドンから「何か悩みある?」と尋ねられたジョングクは、人との接し方に関する悩みを打ち明けました。

ジョングク「思春期の時、一人でソウルにやって来て、生活していた」、「人と初めて会った時、正直に接している感じがしなくて、がある感じがする」

続けてジョングクは「お互いの気持ちが通じれば、親しくなれるのに」、「”この人とどうすれば仲良くなれるのか?”、”どうすればこの人に好かれるのか?” と頭の中で考えてしまう」とし、「仮面を被っている感じ」



これを聞いたカン・ホドンは、「おそらく、社会生活を早い時から経験してきたから」とし、元シルム(韓国の相撲)の選手だったカン・ホドンは、相撲に例えながら、「その人の性格に応じてポジションを変える必要がある」と提案していました。


(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です