in

HYBE代表「NewJeans、1年半休息になる…東京ドーム公演後」+パンPD挨拶無視に「顔面認識障害がある」 – NewJeans母親インタビュー


HYBEと、子会社Adorが対立中。HYBEはミン・ヒジンAdor代表が経営権奪取を狙っているとして、告発。ミン代表は会見で、それを否定して「パン・シヒョク氏がプロデューシングしたILLITが、NewJeansをコピーしている」と主張。

5月13日、ミン代表がHYBEに送ったメールの内容が公開。この中には、NewJeansメンバーの両親のメッセージも含まれており、「NewJeansのメンバーたちが社内でパン・シヒョク議長と会う度に、挨拶を無視した」「ILLITはなぜNewJeansを模倣したのか」と書かれていました。

そんな中、NewJeansメンバーの母親A氏が、韓国メディアとのインタビューに応じています。「HYBE代表が東京ドーム公演を終えた後、長い休暇を与えると言った」と明らかにしています。

A氏は「ミン代表の記者会見があった日(4月25日)、私を含め3人のメンバーの母親たちがHYBEを訪ねた」「パク・ジウォンHYBE代表は約20分ほど遅れて来た。他の経営陣の方々も来られた」「ノートパソコンのようなものを持ってこられて『ミン代表がこういう過ちをされた』と話した」。


HYBEに送ったメールについて、A氏「私たちが送ったメールにある『パン・シヒョク議長が子供たちの挨拶も受けない』ということは、私の子供だけでなく他の子供たちも、デビュー以後に皆似た経験があったと言っていた。ある子はエレベーターに一緒にいるのに挨拶を受けなかったと言った」「その日(HYBE訪問時に)、その問題を再び提起したところ、HYBEの方々が『お母さんたち、本当に誤解されている』『パン・シヒョク議長は顔面認識障害の可能性がある』と言っていた」と明かしました。

これについて、A氏は「その場ではこれ以上話せずに出てきたが、出てきた後に『いや、顔面認識障害でも音(声)は聞こえるのではないか。そして誰なのか分からなくても挨拶をすれば普通の挨拶を受けるのではないかという気がした」。

(「パンPD、NewJeans挨拶を無視」にHYBE反論、「事実ではない」+ILLIT模倣も否定)

NewJeansの活動について心配する母親に、代表は「東京ドームが終われば(ニュージンズに)長い休暇を与える計画」と言ったという。A氏は「どれだけ長い休暇なのかは聞けなかったが、その場で代表は『グラミー(賞を受賞した)プロデューサーにオファーするのに1年半ほどかかるが、できるだけ早く手配しようと思う』と話した」。

(ILLIT → NewJeansパクリ騒動、専門家見解「ALフォントから全て模倣」「深刻な侵害行為」)

また、ILLITについて、A氏「最初にXXXコンセプトの写真などが上がってくるんですが、私の友達がNewJeansの新しい写真かと送ってくれた。これは何だろうと思いました。とても似ていたんですよ。それでお母さん同士で意見を交換してミン代表に聞いてみました。確かに私たちが始めたんです」
(「ILLITパクリ」NewJeansメンバー親が問題視 → 是正要求 → HYBE回答&面談を要求 → 両親断わる)


A氏は「私たちはHYBEに『ミン・ヒジン代表と共にするNewJeansが欲しい』と明確に申し上げた」「5人のメンバーの母親たちが皆合意した共通の考え」と述べています。

これについて、HYBE幹部は「長い休暇を与えるということは、休止期を持たせるというそのような意味ではない」「普通アイドルもカムバックすれば活動をたくさんしてその後に休息期を持つのではないか。その後、またカムバックの日程が決まれば頑張るし、そういう意味だ」と説明。

続けて「決してNewJeans活動を中断させるとか、そのような意味ではない」「HYBEはNewJeansを格別にケアし、最高のアーティストになるよう支援するという話をした」。


Subscribe
guest
110 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る