in

「Stray Kids」BTS超え、2022年韓国アルバム売上1位に


サークルチャート(旧ガオンチャート)は23日、「2022年年間リテールアルバムチャート」を発表。この中で、韓国市場の売上枚数が公開されました。

それによると、昨年韓国で一番売れたアルバムは、Stray Kidsの「Maxident」でした。累計「130万枚」の売上を記録。昨年、韓国市場のみでミリオンを達成したのは、同作だけだといいます。ちなみに、昨年10月だけで「125万枚」を売り上げたとのこと。


2位は、BTSのアンソロジーアルバム「Proof」で「95万枚」。そのほかTOP10にランクインしたのは….aespa「Girls(89万枚)」, イム・ヨンウン「Im Hero(71万枚)」, キム・ホジュン「Panorama(68万枚)」, Seventeen「Face the Sun(68万枚)」, IVE「After Like(52万枚)」, ヨンタク「MMM(52万枚)」, TXT「minisode 2: Thursday′s Child(50万枚)」。

海外の売上枚数を含めると、1位はBTS「Proof」で「192万枚」。以下、2位はSeventeen「Face the Sun(183万枚)」, 3位はStray Kids「Maxident(163万枚)」, 4位はBlackPink「BornPink(142万枚)」でした。

「リテールアルバムチャート」は、昨年導入されたばかりのチャート。オフライン小売ストアの実際の販売枚数を集計したもので、韓国国内・海外売上が別々に集計されています。出荷枚数を基準とする、こまでのアルバムチャートとは異なります。

「Stray Kids」韓国売上1位のニュースは、オンラインコミュニティでも注目されることに。ネットユーザーからは「韓国であれだけ売れて、音源チャートに入らないなんて」「ありえない」「共同購入が国内集計に入ったみたい」と、疑問の声が聞かれています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「国内だけで130万枚?」
▼「あり得ないんだけど、スキズとaespaがイム・ヨンウンよりたくさん売った?」
▼「Stray Kidsすごく成長したね」
▼「国内であれだけ売れて、音源があんな状態って不可能」
▼「共同購入が国内集計に入ったみたい」
▼「あれは中国の工具が入ってるからだよ」
▼「これは国内小売販売店で購入された枚数で、国内ファンが買ったという意味ではありません」
▼「かっこいい、ヒョンジン」

▼「大賞グループNCTは、いずこ?」
▼「大賞をもらったNCTドリームはなんでないの?」





guest
120 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る