in

「NCT127」応募低調ツイート、「Nature Republic」が謝罪


「Nature Republic」が、自社広告モデル「NCT127」イベントへの応募低調ぶりを揶揄するようなツイートを投稿。批判を浴び、謝罪しています。

Nature Republicは22日「ツイートに関して適切でない単語の選択と表現でNCT127のファンの皆さんにご不便をおかけして、お詫び申し上げます」「すべての意見を謙虚に受け止め、Twitterの書き込み作成に慎重で責任感のある姿をお見せします」と謝罪の意を伝えました。


前日、ブランド側は「イベント当選者、今日発表!昨日締め切られたイベント、数万人応募するかと思って12月中に当選発表をしようとした」、「ところが、1000人くらいしか応募が無かった。今日すぐに公開するので多くの関心をお願いする」とツイートしました。

応募の少なさをわざわざ強調するツイートについて、NCT127ファンダムからは「広告モデルにとても失礼だ」「本当にセンスない」などの批判が噴出していました。

Nature Republicは15日にも「2時間で応募されたのは24人だけだ。24人のうち当選者3人なら良い確率じゃないか。その間、当選者が2人追加誕生した。現在、当選者は5人だ。皆さんおめでとうございます」をツイートし、ファンの不興を買っていました。





guest
7 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る