in

SMエンタ「イ・スマン氏とのプロデュース契約、年内終了を検討」


「SMエンタ」が「イ・スマン」氏の個人会社「ライク企画」とのプロデュース契約を終えるといいます。

SMエンターテインメントは15日「当社は、イ・スマン総括プロデューサーとのプロデュース契約に関して多角的な検討と議論を進めてきた。総括プロデュースが契約を今年末に早期終了するとの意思を当社に伝えてきた」と明らかにしました。

続けて「当社は総括プロデューサーとのプロデュース契約の早期終了が当社の事業に及ぼす影響等について、利害関係者と深く議論し、今後の方向性についての立場を整理し、後日発表する計画」と伝えています。

「ライク企画」は、SMの創業者で筆頭株主でもある「イ・スマン」氏の個人会社。SMはプロデューシングを受ける見返りに、「ライク企画」に毎年数百億ウォンを支給。今年上半期は「114億ウォン」がライク企画に流れたといいます。これはSMの上半期営業利益の30%に相当します。これについて、一部株主が反発、詳しい契約内容を公開するよう要求していました。

(SM「イ・スマン」氏と契約終了、追加立場「今が一番良い時期」)





guest
91 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る