in

「Le Sserafim」ファンは「30 40代男性」が中心? デビューAL予約者データ公開


Le Sserafim(ルセラフィム)」が4月13日、デビュー・ミニアルバム「FEARLESS」の予約販売をスタート。その購入者の「年齢層別男女比」が公開されました。

画像は、14日に韓国オンライン・コミュニティ「ネイトパン」に掲載。予約販売を扱う韓国のオンラインサイト「アラジン」が公開している統計データのようです。


それによると、アルバムを予約したのは、圧倒的に男性が多い状況。男女比は、男性「84.7%」, 女性「15.3%」。


年代別に見ると、一番多いのは「30代・40代の男性」で、全体の「約60%」を占めています。10代の購入者はほぼ皆無で、男性は「2.3%」で女性にいたっては「0%」となっています。

これは、韓国販売サイトのフィジカル・アルバム予約購入者のデータ。配信が全盛の時代で、フィジカル・アルバム購入者の多くは、ハードコアなファン層とみられます。今回のデータは、カジュアル層を含んだ全体像を示すものではなく、コアファンの属性を示したものと言えそうです。





また、「Le Sserafim」には、すでにデビュー経験のあるIZ*ONE出身「宮脇咲良」と「キム・チェウォン」がメンバーとして在籍。他のメンバーは未デビュー者のため、フィジカル・アルバム購入者の多くは2人のコアファンともいえるかもしれません。

「年齢層別男女比」を見た韓国ネットユーザーからは、次のような反応が寄せられています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「チェウォンと咲良は男性ファンが多い。IZ*ONEでも有名な子たちだったじゃん」
▼「こんなデータ持ってこなくても、すでに分かっていたことじゃないか。ウォニョンは女性ファンが多くて、チェウォンと宮脇咲良は男性ファンが多い」
▼「サクラのファンダムは30~40代男性が中心」
▼「咲良は海外ファンが多いんでしょ? 中国とか。韓国ではそんなに人気高くないって聞いたけど」
▼「オジさんたちはガラムの議論すごく好きだったと思う。ガラム良かったね、おじさんのファンたちがいて」
▼「ほとんどオジさんじゃん。IVEは若いファンつかまえているけど。ここは10代20代ファン獲得するの大変そう」
▼「ビジュが思ったより微妙なのが大きいようだ」
▼「ヨドルは女子ファンダムがないといけないのに」

「Le Sserafim」は、「HYBE」とその傘下レーベル「Source Music」が共同制作する初のガールズグループ。メンバーは宮脇咲良, キム・ガラム, ホン・ウンチェ, キム・チェウォン, カズハ, ホ・ユンジンの6人で構成。5月2日18時に1stミニアルバム「Fearless」をリリースしデビューします。





guest
72 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る