in

「妊娠の責任取る」キム・ソンホ x 元彼女「カトク」会話内容が公開


俳優「キム・ソンホ」と元彼女A氏のカカオトークの会話内容が公開。妊娠を知ったキム・ソンホの反応が含まれています。

ディスパッチは11月1日、2人が交際していた当時に交わされた、カカオトークの会話内容を公開。昨年7月24日に妊娠を知った後の内容、8月10日の中絶手術後、21年5月の破局時の電話内容などが盛り込まれています。

7月24日、当時交際していたA氏が「妊娠6週間」と伝えると、キム・ソンホは「一緒にいてあげられなくてごめん」「賢明に考えてみよう」「少なくとも両親に言って」「何があっても責任をとるよ」と発言。

A氏が「赤ちゃんのせいで足を引っ張ったりする気は全くない」と言うと、キム・ソンホは「心配しないで家に帰って休みなさい」「私が責任を取る」「結婚しよう」「一緒に悩んで決めよう」といった言葉をかけています。

責任を取る意思を示したキム・ソンホに、A氏は「チャギヤ、胸がドキドキするけど、言葉に感動した。ありがとう」と答えました。

また、キム・ソンホが現実的に問題に向き合う姿も含まれています。

キム・ソンホは「実は話してなかったが、映画の契約をしたので、いったんキャンセルしたら金銭的なことから考える。情けないよ」、「実はそれ1つひっかかって、両親は驚くと思いますが、理解してくれる人たちだ」-

続けて「もし私は演技を止めないといけないと、それは正直大変です。冷静に考えてみると、そうだということだ」「私はあなたもたくさん愛してるけど、同じくらい演技も愛しているから悔しいだろう。だから慎重に後悔しないように決めようってこと」と話しています。


「キム・ソンホ」をめぐる騒動は、元彼女の暴露によって始まりました。

元彼女はオンラインコミュニティを通じて「去年の初めから付き合った。結婚を口実に大切な赤ちゃんを中絶させられた」「スターダムに上がるやいなや一方的に別れを告げられた」「作品をするたびに、一方的な犠牲を強いられ精神的, 身体的トラウマまでひどい状態」と主張しました。

この暴露から3日間沈黙を貫いていたキム・ソンホは20日、謝罪文を公開。「私はその方と良い感情で会いました。その過程で私の不覚と思慮に欠ける行動で、その方を傷つけた」「その方と直接会って謝罪を先にしたかった。しかし、ちゃんと謝罪を伝えられずに、その時間を待っているところです。まず、この文を通じてでもその方に心から謝りたい」と謝罪。

元交際相手は21日午後、オンライン・コミュニティに「私の文章によって多くの人々に意図しない被害を与えて申し訳ない。あの方に謝罪され、お互いに誤解した部分があったようだ」「心が重い」と書き込みました。

騒動が収まったかに見えましたが、25日にDispatchが「チェ・ヨンアさんに尋ねます…キム・ソンホ歪曲された12の真実」とタイトルされた記事を掲載。知人らは「『キム・ソンホが妊娠中絶を勧めた』と主張したが、2人合意のもとだった」と述べています。(「キム・ソンホ」知人が反論、Dispatch報道「中絶は合意のもと…チェ・ヨンア 多くの映像&録音ファイル保存」)

また、記者出身のYouTuberが元彼女の前夫の発言内容を紹介するなど、暴露が続いています。(「キム・ソンホ元カノ、3週間に3人と浮気?」前夫が明かす)





guest
11 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る