in

「キム・ソンホ」知人が反論、Dispatch報道「中絶は合意のもと…チェ・ヨンア 多くの映像&録音ファイル保存」


Dispatchが俳優「キム・ソンホ」と元交際相手に関する記事を掲載。所属事務所がコメントを出しています。

Dispatchは25日「チェ・ヨンアさんに尋ねます…キム・ソンホ歪曲された12の真実」とタイトルされた記事を掲載しました。

記事には、キム・ソンホの知人らの証言が引用され、2人の出会いから別れまでのタイムラインが掲載されています。チェ・ヨンア氏は気象キャスター出身のインフルエンサーで、2人は昨年3月に交際を開始したといいます。

知人証言の主なポイントは下記。

◆「キム・ソンホと交際を始めながらも、女性は離婚した事実を最初に明かさなかった」
◆「交際中、キム・ソンホに度重なる嘘をつきばれた」
◆「『キム・ソンホが妊娠中絶を勧めた』と主張したが、2人合意のもとだった」
◆「中絶後、冷たい態度だったという主張とは異なり、キム・ソンホはワカメスープを作り2週間看病した」
◆「中絶後、キム・ソンホは自分の両親に彼女として紹介した」
◆「贅沢な金遣いがキム・ソンホを苦しめた」

知人は「チェ・ヨンアがキム・ソンホの日常を隠し撮りした映像もある」とし、「キム・ソンホはチェ・ヨンアとお互いのカカオトークを確認中に、チェ・ヨンアのコンピューターに保存された数多くの映像や録音ファイルの存在を知った。立場を変えて考えると怖くないか」と述べています。

この報道について、キム・ソンホの所属事務所ソルト・エンターテインメント側は「申し上げる言葉はない。申し訳ない」とコメントしています。


キム・ソンホの元交際相手は今月17日、暴露文を韓国オンライン・コミュニティに掲載。その中で、「去年の初めから付き合った。結婚を口実に大切な赤ちゃんを中絶させられた」「スターダムに上がるやいなや一方的に別れを告げられた」「作品をするたびに、一方的な犠牲を強いられ精神的, 身体的トラウマまでひどい状態」と主張しました。

この暴露から3日間沈黙を貫いていたキム・ソンホは20日、謝罪文を公開。「私はその方と良い感情で会いました。その過程で私の不覚と思慮に欠ける行動で、その方を傷つけた」「その方と直接会って謝罪を先にしたかった。しかし、ちゃんと謝罪を伝えられずに、その時間を待っているところです。まず、この文を通じてでもその方に心から謝りたい」と謝罪していました。

キム・ソンホはこの問題で出演中だったKBS2「1泊2日シーズン4」を降板しています。





guest
8 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る