in

ASTRO「ムンビン」舞台に「嵐にソックリ」の声「”操り人形”演出, 音楽が似てる」


音楽授賞式「2021 THE FACTミュージックアワード」が2日に開催。そこで披露された「ASTRO(アストロ)」のステージについて「にソックリ」との声があがっています。

話題の舞台は、「操り人形」を演じたASTRO「ムンビン」のソロステージ。ムンビンが舞台に登場すると、大型スクリーンには「手」が出現。ムンビンはそれに操られた「人形」のようにダンスを披露しました。


舞台公開後、この演出を見た視聴者からは日本の国民的グループ「嵐」のステージとの類似性を指摘する声が多くあがることに。

「嵐」の「2017-2018」ライブツアーで、メンバーの「大野智」が同じような演出でダンスを披露していました。

映像を見比べると、演出のみならず舞台で使われた音楽もかなり似ています。違うのは衣装と振付ぐらいでしょうか。


両者の比較映像は韓国オンライン・コミュニティでも話題になることに。コメント欄には現在までに「1000件」以上のコメントが寄せられ、その多くは「全く同じだ」「曲も似てる」「手のグラも似てる」といった反応です。

演出盗用騒動について、ASTROの事務所や授賞式側は現在までに特に反応を示していません。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「同じだね」
▼「マリオネットの演出もそうだけど、網目模様の手も似ているみたい」
▼「曲も似てる」
▼「音楽もほとんど同じだと思うけど….?」
▼「YouTubeで無料で見ることができる」

▼「ほとんど同じなんだけど… 手と糸のイメージも全く同じで、使った音楽の感じも同じように感じられる」
▼「マリオネット演出はありふれたものじゃないの? でも見てみたら手のデザインも同じだね。ちょっとあれだ」
▼「オマージュ?」
▼「ああいう演出は珍しくない。でも、手のグラフィックや音楽も似ている…..」
▼「しかも嵐の方が上手だった」





guest
46 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る