in

aespa「ウィンター」猫→ハムスター虐待疑惑浮上「2匹が25匹に、ケージ分けせず?」


aespaウィンター」が、ハムスター飼育の経験を明かし、ネット上で議論を呼んでいます。「ウィンター」は最近、猫の扱い方で批判を受けていました。

ウィンターは31日、Bubbleで「学校に通ってた時、ハムスター25匹育てた」とし、「2匹で始めたよ!でもこの子達は仲がすごくよかった。それですぐに25匹になっちゃった」と言及。

続けて「生まれたての頃はほんとに可愛い、赤ちゃん」、「そうするうちにちょっと病気の子1匹だけ飼うことにして1匹だけを育てた」と明かしました。


ハムスターは群れで生活する動物ではなく、自分の領域を確保して単独生活をする動物。縄張り意識が強く、共食いをすることもあります。また、繁殖力も強く、一緒のケージで飼うとどんどん頭数が増えてしまいます。このため、複数匹を飼う場合はそれぞれ別のケージで育てるのが原則です。

しかし、ウィンターの書き込みによると、ハムスター2匹を1ケージに入れて育てているうちに、ハムスターの高い繁殖力によって25匹まで増えたと解釈できます。

これに対して、ネットユーザーからはその飼い方に対して疑問の声があがることに。また、言及されていない残りの「24匹の行方」に注目する声も多く聞かれています。

この件は現在、韓国オンライン・コミュニティで大きく注目されています。現在までに「10万ビュー」, 「2400件」以上のコメントが寄せられている状況。


ウィンターは最近、「猫」への接し方で批判を浴びたばかりでした。今月25日「Bubble」にアップされた動画には、ウィンターが猫を乱暴に撫で奇声を挙げ、猫が驚き逃げる姿が映っていました。(aespa「ウィンター」猫の扱いが物議…乱暴に触り奇声「超かわいい」)

相次ぐ動物をめぐる議論に、ネットユーザーからは「動物への考えが軽いようだ」といった声も聞かれ始めています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「ハムスターの繁殖ってめっちゃ早い」
▼「ハムスターはなるべく一緒に飼わないのが基本だよTT」
▼「猫の時から感じていたんだけど、すごく明るく言うよね」
▼「ハムスターはストレスを受けるから多頭飼いしちゃいけない。ハムスターの数が増えたということは、1ケージに複数入れたってこと」
▼「譲渡したのか殺したのか, 処分したのかも分からないのに、これだけで何か言うのは違うんじゃないか」
▼「なんてことない。私も小学校の時ハムスター飼ってて、子供産んだら同じクラスの友達や塾の友達に配った」
▼「そもそも25頭になるまで一緒のケージに入れたのが問題。譲渡したかしてないかは問題じゃないし」
▼「譲渡したかは問題じゃなくて、ハムスターは1ケージ1匹にしなきゃいけない動物」
▼「2匹から始まって25匹になったのが問題だ。ハムスターは縄張り意識が強い動物で、共食いもする。ハムスター1ケース1匹が基本」
▼「動物について考えが軽いようだ」
▼「子どもの頃、無知だったことを自慢げに話すな」
▼「この子がaespaの時限爆弾になるとは思わなかった」

(aespaウィンター「トカゲ」発言に再注目「飼うの諦めるところだった」)





guest
82 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る