in

「アイドルとダンサーは違う」イ・チェヨン、バトルで完敗….「納得できた」との声


Mnetダンスクルー対決番組「Street Woman Fighter」初回が24日に放送。IZ*ONE出身「イ・チェヨン」とプロのダンサーの違いが注目されています。

「Street Woman Fighter」は韓国最高のストリートダンスクルーを探すためのリアリティ・サバイバル番組。初回では、出演ダンサーたちが一堂に会す様子やダンスバトルの模様が放送。

「イ・チェヨン」は出演者の中で、唯一のアイドルダンサー。そのため、他の出演者の大きな注目が集まることに。ただ、ダンサーたちの評価は良くないものでした。

事前インタビューで、出演者たちが「ダンスバトルで勝てる」相手を指名し、指名されたダンサーが「ノーリスペクト」ステッカーを張られるシーン。計6名に指名されたチェヨンは、ステッカーを張りながら、少し悲し気な表情を浮かべました。


イ・チェヨンへの否定的な評価は、その後も続きます。チェヨンが収録セットに入場すると、映像が公開。その中でダンサーたちは「アイドルが出演して目を疑った」「アイドルとダンサーは違う。現在は実力が足りないようだ」「パフォーマンス構成もアイドルとダンサーには開きがある」と評価。

制作陣はこの映像を他の出演者が全員いる状況で、イ・チェヨンにそのまま見せました。イ・チェヨンは衝撃を受けたように涙ぐみ、「アイドルも頑張れるのに」と自分に語り、残念な気持ちを吐露。

一部のファンからは、イ・チェヨンの描き方に対して、疑問の声があがることに。イ・チェヨンは「KPOPスターシーズン3」出身で、IZ*ONEのメインダンサー務めた人物。K-POP女性アイドル界のダンス実力者として知られており、「意地悪な描き方だ」「アイドルに失礼」との声が聞かれていました。

しかし、ダンスバトルの映像が公開されると、ネットユーザーからは「理解できた」との声が多く聞かれることに。他のダンサーたちはバトルに合わせて瞬時にパワフルなムーブを披露しましたが、イ・チェヨンはすぐに対応できず、1対1のダンスバトルで完敗しました。


放送後に公開された予告編でも、イ・チェヨンの敗北する姿が描かれました。チェヨンは4戦4敗を記録したようです。

アイドルダンサーとプロのダンサーについて、ネットユーザーからは次のような反応が寄せられています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「放送みたら理解できた」
▼「専門ダンサーとアイドルダンサーは勝負にならないのは正しい」
▼「バトルを始めたら確かに全然違う世界なのはわかった」
▼「ところで、なぜ審査員はみんなアイドル+アイドルの振付師なの?」
▼「ワールド・オブ・ダンスも審査委員にジェニファーロペスが座ってるから」
▼「見たら確かに違うよね。イチェヨンはアイドルでは上手でもダンサーたちの間に挟まれるたら相対的に下手に見える」
▼「だったら、どうして出演するのかよくわからないけど…ちょっとギャンブルだよ。Unpretty Rapstarにアイドルラップパーが出た感じじゃん。Mnetの立場ではいいだろう、たくさん注目されて」
▼「本当に違った、放送見たら分かった。下手というわけではなく、全く違うもの」
▼「実力差があまりにもあるよね。イ・チェヨンはアイドルトップ級なのに」





guest
55 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る