in

「Melon」改編発表…「24Hits」廃止→「TOP100」+ランキング復活


韓国最大手の配信サイト「メロン」が改編を発表。昨年7月に「リアルタイムチャート」を廃止してから1年後のことです。

「メロンカンパニー」は2日、「急速に変化するトレンドを可視化し反映するため、Melonのチャートサービス『24Hits』と『最新24Hits』を8月9日から『TOP100』と『最新チャート』に全面改編する」と発表しました。


今回廃止される「24Hits」は昨年7月に導入された、24時間単位でユニークリスナー数を集計しランキング化したチャートです。1時間単位で再生量を集計する「リアルタイムチャート」廃止に伴い導入されました。当時、特定歌手の音源を意図的に繰り返し再生することによって生じるチャートの歪みを是正する目的で導入されましたが、約1年で廃止となった格好です。

新たに導入される「TOP100」は、最近24時間利用量と最近1時間の利用量を50:50の割合で合算して作られます。ただし、利用者の少ない深夜と早い時間帯(01~07時)は最近24時間利用量の比重を100%に拡大したチャートが提供されます。

今回の改編について、メロン関係者は「24Hitsを導入してから、2~3年前に発売された音源がチャートに入るので、新しい音源が入りにくい構造になった。システム変更について、業界からのリクエストが多かった」、「新しい音楽をユーザーに紹介し、新規アーティストたちを発掘するのも音源チャートの目的だ」と説明。

また、今回「音源順位」も復活します。

メロン関係者は「順位の復活は、利用者の要請による決定だ。ランキングが提供されていないため不便だという声が利用者から多かった」。


ただ、「最近1時間の利用量」の比重が高まったことで、「買い占め」やファンによる「集中的なストリーミング活動」が再び問題となる可能性があります。これについて、「公正なチャート運営のための専担部署を新設するなど、具体的な対応策を用意した」と話しています。

メロン関係者は「今回の改編は、毎日様々な場所で新しく登場する音楽を、リアルに反映するための措置だ」「MelonチャートがK-POPを代表する指標で、影響力を持つように最善を尽くす」と述べています。





guest
6 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る