in

「aespaが言うと響く」”悪質コメント”自制呼びかけ映像に反響


aespa(エスパ)が「悪質コメント自制」を呼びかけるキャンペーンに参加。反響を呼んでいます。

aespaは26日に開催された「ドリームコンサート」に参加。それに合わせて、「悪質コメント自制」キャンペーン映像が公開。

メンバー達はその中で「誤って残した悪質コメント1つが、誰かには大きな傷と暴力になりえます」と呼びかけました。


この映像が注目されているのは、aespaにはデビュー前、様々な良くない噂が浮上していため。当時、毎日のように韓国オンライン・コミュニティでトレンド入りしていました。特に、リーダーのカリナ(ユ・ジミン)がやり玉にあげられていました。

相次ぐ悪い噂や憶測に、所属事務所SMは昨年10月「14日、江南警察署にユ・ジミンさんに関する悪意のある行為をしている者を名誉毀損、侮辱などの罪で告訴した」と明らかにし、「厳重に対応していく」と警告するほどでした。

今回の映像は、当時の状況を知るネットユーザーに響くものがあったよう。オンラインコミュニティでは、呼びかけを行うaespaの心中をおもんぱかるコメントが多く寄せられ話題になっています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「aespaが言うと本当に心に響く。ファンではないけど、ちょっとビクッとした」
▼「でも狂ったアンチは、あんなものを見ても自分の事だと思わないよ」
▼「カリアの顔型ヤバイ」
▼「みんなデビュー当初から、ああゆうことを経験した。キャリア重ねても、デビュー当初に受けた傷はそのままだろう」
▼「今うまく行ってファンが増えて幸いだが、だからといって受けた傷は一生消えないだろう」
(aespa「Next Level」Melon「1位」に – BTS「Butter」抜く)
▼「デビュー当初から悪口を言われてた。悪口を言った子たち、反省しろ」
▼「aespa, TWICE, イェリへの悪質なコメントもいい加減にして」
▼「aespa良いことだけ見て、良いものだけ聞こう」





guest
19 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る