in

「イ・ヘインが1位…落としても良い?」CPに実刑判決「fromis_9」解散求める声も

アイドル学校


イ・ヘインが1位だけど、落としても良いでしょうか?」- 「fromis_9」が誕生した「アイドル学校」の制作陣内で交わされた会話だといいます。

6月10日、ソウル中央地裁で「アイドル学校」視聴者投票捏造(業務妨害・詐欺)で起訴された制作陣に対する判決公判が開かれました。

アイドル学校は、2017年7月から同年9月まで放送されたMnetで放送されたアイドルオーディション番組。視聴者投票などを通じて選ばれたメンバーは、「fromis_9」というガールズグループでデビューし、現在も活動中です。

2019年10月、「操作疑惑真相究明委員会」が番組で投票操作があったとし、ソウル地方警察庁サイバー捜査隊に告訴。捜査の結果、制作陣は実際、視聴者投票に手を加えたことが明らかになりました。

判決公判で、裁判所は検察の公訴事実を全て認め、キムCPに懲役1年, 前制作局長には1000万ウォンの罰金刑を言い渡しました。

裁判所は「被告は視聴者も知らないうちにオンライン投票に5倍の加重値を反映した。後に、これを超えて、投票結果を無視して任意に捏造した」とし、「番組視聴者と投票に参加した人々を愚弄した上、脱落した出演者たちのデビューする機会を剥奪した」と指摘。

(イ・ヘイン)


裁判所はまた、被害者として参加者「イ・ヘイン」にも言及。裁判所によると、当時キムCPは局長(上司)に「イ・ヘインが1位だから落としていいのか?」と尋ねると、局長は「大丈夫だ」というふうに返答。実際に、イ・ヘインを脱落させたといいます。

イ・ヘインは「プロデュース101」シーズン1(2016年)と「アイドル学校」(2017年)に出演したアイドル練習生。

「アイドル学校」出演当時、デビューメンバー入りが有力視されていましたが、視聴者投票で11位を記録し、デビュー組9人に入れず最終脱落しました。イ・ヘインのファンらは当時、実際の投票数より番組側が公開した投票数が少なかったとし、”投票操作疑惑”を提起していました。

(イ・ヘインの順位推移)


裁判所は「キムCPが自分の直属の上司に『1位を脱落させる決定をするにあたり、事前に報告した』との陳述には信憑性がある」と述べました。犯行を主導したキムCPは、法廷で拘束されました。

このニュースは韓国オンライン・コミュニティでトレンド入り。ネットユーザーからは「なんで1位を脱落させるんだ」「fromis_9解散させろ」といった声が寄せられています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「イ・ヘインが1位だったんだ」
▼「誰が見ても1位じゃないか…..」
▼「なんで1位を脱落させるんだよ。そうするなら投票をどうしてするの」
▼「やばい。そんな中プロミスナインは活動している」
▼「fromis_9まだ活動してる? “逆走行”ってPRしていたけど良心がない」
▼「プロミ解散しないの? 堂々と活動しているよ」
▼「人の人生を台無しにしておいて、それで誕生したグループを活動させてはいけない。解散させろ」
▼「操作グループが裁判3日前に活動終了」
▼「こうしておいて、またサバイバル番組するというMnet」
(ソンミ&ティファニー(少女時代)「Girls Planet 999」出演確定)

(「fromis_9 活動継続」Mnetコメント、”アイドル学校”実刑判決受け)





guest
14 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る