in

「傷ついたソヒョンにお詫び」キム・ジョンヒョン直筆謝罪文


キム・ジョンヒョン」が2018年に放送された出演ドラマ「時間」をめぐる議論について、謝罪しました。14日、自筆謝罪文がメディアに送られました。


「ドラマ『時間』は私が俳優として初主演を引き受けた作品で、私にも特別な意味のある作品だった。しかし私は監督, 作家, 同僚俳優及びスタッフの方々にあまりにも大きな失望と傷を与えた。申し訳ない」

「制作発表会当時の記憶が破片のように残っています。その当時の私の姿は私さえも許せないものでした。戻したいほど本当に後悔しています」(「少女時代ソヒョン”時間”撮影中に涙…」キム・ジョンヒョン”態度変化”話題に「手が触れると、ティッシュで拭う」)

「私は個人的な問題で良くない事を自ら招きました。主人公であり俳優として責任を果たすこともできなかった。何の弁解もなくお詫び申し上げます」

「ドラマ『時間』で途中降板する全ての過程、制作発表会での私の行動は間違っています。これによって傷ついたソヒョン俳優様をはじめ、当時一緒に苦労されたすべての関係者の皆様に心よりお詫びします」

「『時間』関係者の方々と、私によって被害と傷を負ったすべての方々にお1人ずつお伺いして、謝罪をしないといけないと思う。私は長い時間がかかっても監督と作家さん、俳優の皆さん、そして一緒にしたすべてのスタッフの方々を見つけて許しを求めます」

「所属会社O&エンタテインメントにも道義的にお詫びし、好ましくないよう言及された文化倉庫にも申し訳ない。私を信じていつも応援してくださり待ってくださったファンの方々にも心から申し訳ない」

「私のせいで不便に感じたすべての方にも頭を下げて許しを請います。文章を書きながら、もう1度私のミスと間違った行動を振り返る時間でした。私に機会が与えられたらすべてのことを当然のことと考えず、いつも自分自身を振り返って管理する健康な俳優になれるよう努力します。申し訳ありません」

キム・ジョンヒョンの事務所は「キム・ジョンヒョンは俳優として活動始めから患っていたうつ病や不眠症で病院に通いながら治療を受けており、地道によく管理したおかげで健康を回復した状態だった。でも最近のことによって心的な負担を感じ、再び集中治療を受けなければならない状態で、現在家族のもとで面倒をみてもらっている」-

さらに「良くない健康状態にもかかわらず、過ちと責任を回避しようとしない意志で勇気を出して書いた謝罪文」「健康状態により謝罪が遅くなった部分について何卒ご理解とご了承をお願いします」と伝えました。(「ソ・イェジ」側声明「キム・ジョンヒョン操縦ない…恋人同士の争い」)





guest
25 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る