in

東方神起ユンホ「逃走」報道、SMが否定「事実と異なる」


東方神起「ユンホ」が最近、防疫規則を守らず夜12時まで飲食店で飲酒し立件された件について、MBCが追加報道した中、SMが「事実と異なる」と反論しました。


12日、MBCニュースデスクは「ユンホが最近、江南にある遊興飲食店で知人3人, 女性従業員と真夜中まで酒を飲んだ」と報じました。

報道によると、警察が駆けつけると、一緒にお酒を飲んでいた知人らは、ユンホの逃走を助けるために、警察と揉み合いになったといいます。MBCは「警察は、ユンホの同席者を公務執行妨害の疑いで立件することまで考慮している」と伝えています。

また、この飲食店は、女性従業員による接待を伴う遊興飲食店で、違法な風俗店だったといいます。管轄区役所には、一般飲食店として登録されていたといいます。


この報道について、SMエンターテインメントは「ユンホが防疫規則を守れなかったことは明らかな過ちであり、自らも深く反省している。しかし、防疫規則を破った以外に誤った行動は絶対にしなかった」と明らかにしました。

続けて「相談をしたいという友人の連絡を受けて、友人が指定した場所に行っただけで、その日初めて訪れた場所」とし、「女性従業員が同席した事実も全くない。取り締まり当時の現場には女性従業員ではなく、決済のために管理者の方々がいただけ」-

さらに「取り締まりの際、逃走を試みた事実は全くない。むしろ警察や公務員の公務執行に誠実に協力してすぐに現場で身分確認の後、帰宅処置を受けた。急に十数人の私服警察官が押しかけて取り締まる状況で警察官であることを認識できなかった友達の一部が慌てて抗議したものの、それはユンホとは関係なく起こったこと」と説明しました。





guest
7 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る