in

東方神起「ユンホ」接待飲食店で0時まで…”逃走”の試みも


東方神起「ユンホ」が最近、防疫規則を破って夜12時まで飲食店で飲酒し立件された中、同席者たちが警察ともみ合いになっていたことが明らかに。また、この飲食店は、女性従業員による接待を伴う遊興飲食店で、違法な風俗店だったといいます。管轄区役所には、一般飲食店として登録されていました。

MBCニュースデスクは12日「ユンホが最近ソウル江南にある遊興飲食店で知人3人, 女性従業員と真夜中まで酒を飲んだ」「当時、女性従業員が何人いたかは不明」と報じました。


報道によると、警察が駆けつけると、一緒にお酒を飲んでいた知人らは、ユンホの逃走を助けるために、警察と揉み合いになったといいます。”手錠を掛ける”と言う言葉まで出たとのこと。

ニュースデスクは「警察は、ユンホの同席者を公務執行妨害の疑いで立件することまで考慮している」と伝えています。


今月9日、警察による摘発のニュースが伝えられると、所属事務所SMエンターテインメントは「ユンホは一瞬の油断で多くの方に失望を与えて深く反省している」「当社も所属アーティストが個人的な時間にも防疫をしっかり守れるように徹底的に管理や指導できなかったこと、申し訳なく思っている」と謝罪。(東方神起「ユンホ」感染症予防法違反で摘発 – 警察捜査)

ユンホもSNSを通じて「友達に会って会話していたら時間が過ぎて、営業時間制限を守れなかった自分自身が恥ずかしい」と伝えていました。(東方神起ユンホ「逃走」報道、SMが否定「事実と異なる」)





guest
28 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る