in

Seventeen「ミンギュ」活動中断、”自閉症生徒いじめ”否定

ミンギュ


Seventeen「ミンギュ」に学生時代の「いじめ・校内暴力」疑惑が浮上。事務所が釈明しました。

ミンギュには、障がい者や女性へのいじめ疑惑が持ち上がっています。オンラインコミュニティの書き込みによると、ミンギュは中学時代に、自閉傾向のある生徒にゴミを投げたり、刺激を与える目的で机を叩いたりしたといいます。

所属事務所プレディス・エンターテインメントは28日、SNSを通じて「現在、確認作業中」とし、「障がいのある学友を苦しめたという内容は、生徒の母親に確認を取った結果、全く事実でない」と明らかにしました。

また、ミンギュについて「スケジュール活動をしばらく中断し、事実関係の確認に関するあらゆる措置を会社に一任している」としています。

プレディス・エンターテインメント

「今回の主張が投稿されて以降、当社はアーティスト本人への確認及び必要な付随的な確認手続きを進めた。その過程で、投稿された内容とアーティストに確認した内容の間に隔たりがあることを確認した」

「アーティストが障がいのある学友を苦しめたという内容があったが、これは全く事実でない」「アーティスト本人が被害者と指摘された方をはっきり記憶している。噂を頼りに、当事者のお母さんと連絡が取れた」

「確認の結果、被害者と指摘された方はアーティストとむしろ仲良くしていた間であったことを確認していただいた。お母さんがお子さんをいじめた生徒たちの名前を覚えていらっしゃり、この部分をすぐ確認してもらえた」

「現在、当人は社会生活を順調に送っている。過去のことが本人の同意なしに望まない方法で知られたことに対して負担に思っていらっしゃる。にもかかわらず、アーティストのために事実関係を確認していただきました」

「当社は、残りの事案についても積極的に確認している。ただ、投稿者を特定しにくく、一部の書き込み内容を見ると投稿者が連絡を望まないという立場を表明しており、接触するのは難しく、慎重さまでも要求される状況」

「当社は社会的に問題となっている校内暴力の争点は被害者の観点から考慮されるべきであるという点について、異論はありません。ただし、被害者の視点とともに明確な事実関係の確認が行われた後、必要な措置が取られるべきだと判断している」

「今、問題になっている内容はアーティストの過去の小学・中学校の時に発生した出来事のため、事実関係の確認を通じて実際に発生したことに最大限接近して判断することが必要」

「アーティスト本人は、今回の事案が発生しただけでもファンの皆さんに迷惑をおかけして申し訳ないという立場を明らかにした。現在、スケジュール活動をしばらく中断して、事実関係の確認に対するあらゆる措置を会社に一任している」

「今回のお知らせ内容は本事案の終わりではなく、引き続き事実関係の確認を進め、それに伴う措置を取っていきます。ただ、この過程は簡単ではなく、時間がかかるということもご了承ください」

「被害を受けたとおっしゃる方々と会って事実を確認して、その方々の気持ちが癒されるようにすることが最も重要だ。それとともに、事実関係の確認なしに1人のアーティストの人生がかかっている問題を軽く決められない点もご理解いただきたい。もちろん、事実関係を確認した末に、明らかな誤りが確認できましたら、当社はそれに沿った措置を明確にすることをお約束する」





guest
10 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る