in

「STAYC」デビュー曲活動終了 -「生歌」で存在感

stayc,ステイシー


STAYC(ステイシー)」がデビュー曲「SO BAD」の活動を終えました。

メンバー達は13日放送のSBS「人気歌謡」のステージを最後に、約5週間のプロモーション活動を終了。公式Twitterには「もう最後の放送だなんて、現実じゃないはず!活動は終わりましたが、STAYCはこれからが始まりです。今後の活動も期待してほしい」とのメッセージが投稿。


「STAYC」は、音楽プロデュースチームBlack Eyed Pilseungが初めて自主プロデュースした6人組ガールズグループ。デビュー前から注目されていました。

デビュー曲「SO BAD」は発売直後、主要音源サイトのリアルタイムチャートで上位に入り、アルバム「Star To A Young Culture」は1万枚以上の初動売上を記録。 また、MVは公開から10日で再生数1000万ビューを突破し、存在感を示しました。


活動中、特に注目されたのは「生歌」ステージ。パフォーマンス映像は連日のように韓国オンライン・コミュニティでトレンド入りし、「生歌の上手い」グループとしての評判が定着しつつあります。(STAYC「生歌」ステージ披露 →トレンド入り「上手」「もっと成長しそう」)

STAYCは多様なコンテンツや番組出演などを通じてファンとのコミュニケーションを続けていく予定です。





guest
10 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る