in

キム・ギドク監督側近「家族を通じてコロナ死亡確認」

キム・ギドク


キム・ギドク監督が新型コロナウイルスの合併症により死去しました。享年59歳。

キム・ギドク監督の関係者は12月11日、「家族に確認した結果、海外メディアで伝えられた死亡説が事実であることを確認した」「今日家族からも連絡があった」と述べました。

ラトビアのメディア「Delfi」は12月11日昼(現地時間)、キム・ギドク監督がラトビアの某所で新型コロナウイルスの合併症により死亡したと報じました。同メディアによると、同氏は11月20日にラトビアに到着したといいます。

性的暴行疑惑が持ち上がっていたキム・ギドク監督は2018年から海外を中心に活動していました。





guest
2 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る