in

ビッヒ合同年越しライブ、オフライン公演キャンセルの可能性「抽選日程延期を考慮」


ビッグヒット初の合同ライブ「2021 NEW YEAR’S EVE LIVE presented by Weverse」。新型コロナウイルス感染再拡大を受けて、オフライン公演の開催が危ぶまれています。

ビッグヒットレーベルズ側は11月19日、Weverseを通じて「2021 NEW YEAR’S EVE LIVE presented by Weverse」オフライン公演観覧のための抽選制当選者発表及び決済日程について告知しました。

当初、オフラインとオンライン公演同時に開催される予定でしたが、「コロナ」感染再拡大により、オフライン公演開催が不透明となったため、「抽選制当選者発表及び決済日程」の延期を考慮しているといいます。

ビッグヒットは「公演の準備に万全を期している」とし、「”社会的距離”1.5段階が施行された。公演環境の不確実性が再び高まった状況なのでオフライン公演の詳細をもう一度慎重に検討している」と明らかにしました。

続けて「観客の皆様とアーティストの皆様が、安全な公演を作るために政府方針に従って綿密に対応するため、オフライン公演に関する抽選制当選者の発表及び決済日程の延期を考慮している」「延期された日程については早急に再通知する」と伝えています。

「2021 NEW YEAR’S EVE LIVE presented by Weverse」は12月31日に開催される予定。出演者は、BTS, イ・ヒョン, Bumzu, Nu’est, ENHYPEN, TXT, GFriend。Seventeenは出演しません。(Seventeen側「ビッグヒット合同年越しライブ、不参加」)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る