in

「プデュ」イ・カウンは最終5位「IZOneメンバーだった」+一部練習生の本当の順位公開


11月18日、「プロデュース101」シリーズのスタッフに対する控訴審判決公判が開かれ、被害練習生の名前が公開。一部練習生の最終順位も公表されました。

本当の最終順位が発表されたのは、「プロデュース48」と「プロデュースX101」の4次投票で脱落した練習生たち。裁判所の発表によると、次の通りです。

シーズン3(プロデュース48)では、4次投票の操作で、イ・カウン(14位)とハン・チョウォン(13位)が脱落。本当の最終順位はイ・カウンが5位, ハン・チョウォンが6位でした。

シーズン4(プロデュースX101)では、4回目の投票で、ク・ジョンモ(13位), イ・ジニョク(12位), クム・ドンヒョン(14位)が脱落。本当の最終順位はク・ジョンモが6位, イ・ジニョクが7位, クム・ドンヒョンが8位でした。

この中で、イ・カウンにネットユーザーの関心が集まっています。「アフタースクール」出身のイ・カウンは、常にデビュー安定圏内に入るほど視聴者の全幅的な支持を受けた参加者でした。

イ・カウンは、最初の順位発表式で1位を獲得。2回目の発表式では8位に下落しましたが、その後順位は上昇し、3回目の発表式では5位に。

しかし、IZOne(アイズワン)メンバーを決める最後の4次順位発表式では、14位を記録して脱落。「プロデュース48」の放送開始以来、デビューが確実視されていたイ・カウンの脱落は、当時衝撃をもって受け止められていました。

被害練習生の公表を受けて、Mnetは「深い傷を負った被害練習生及びその家族の方々にも申し訳ない気持ちを禁じ得ない」「Mnetは独自に把握した被害練習生の方々に対する被害補償について協議を進めてきた。一部は協議が完了し、一部は進行中」と明らかにしました。





guest
10 コメント
古い順
新しい順 "いいね"順
Inline Feedbacks
全て見る