in

パワハラ暴露書き込み、RedVelvetアイリン&スルギに飛び火

シルエット


スタイリストのパワハラを暴露する書き込みが話題に。Red Velvet(レッドベルベット)のアイリンスルギに、ネットユーザーの関心が集まっています。

エディター、ジャーナリスト出身のフリースタイリストA氏は10月21日、Instagramに「今日私が(甲に対する)乙の位置で一人に徹底的に踏まれる経験をした」と明らかにしました。

続けて「身近な者から検証された人間失格、”ハハホホ”と笑う仮面をかぶって生きる(“難色”で有名だが), 操り人形, 非社会化した大人としての人間性の不在, 最側近への自責の念とコンプレックス, そのすべての欠乏を透明にあらわにする愚かさ、初めて見た人に本性をそのまま露出する傍若無人」-

さらに「彼女に会う前に聞いた話だけでも心の準備をしなければならなかったのに、今日その主人公の撃った電気針に刺されて言葉を失った。手と足、脳を縛られたままじっと立って、その嫌な顔と揺れ動く人間の馬鹿げた行動の前で、何もできずに愚かに立っているしかなかった」「地獄のような20分余りだった。完璧に挨拶は省略、椅子に座り、立っている私の面前で、携帯電話を挟んで指差しながら言い放った。目から涙があふれた」と書き込みました。





A氏はこの芸能人の実名に言及していません。しかし、文章の末尾にハッシュタグ「psycho」「monster」が書かれていることから、Red Velvetのメンバーアイリン、またはスルギではないかと推測する声があがりました。「Psycho」はRed Velvetの活動曲のタイトル、「Monster」はRed Velvetのユニット「アイリーン&スルギ」のデビュー曲のタイトルです。

一方で、2つの英単語は性格のよくない人を指すときに用いられる表現でもあり、推測で特定芸能人の実名を取り上げてはならないという声も多い状況です。





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る