in

YGエンタ「BlackPink”Lovesick Girls”MVナース衣装議論、歪曲された視線を懸念」


BlackPink(ブラックピンク)の新曲「Lovesick Girls」のMV衣装をめぐる「性的対象化」議論について、YGが立場を発表。

YGエンターテインメントは10月6日、「特定の意図は全くなかったが、歪曲された視線があふれることに懸念を表する」と明らかにしました。

続けて、「MVも1つの独立芸術ジャンルとして見ることをお願いし、それぞれの場面は音楽を表現したこと以上のいかなる意図もなかったことを理解していただければありがたい」「制作陣は、当該シーンの編集について深く悩み議論中」と付け加えました。


BlackPinkは10月2日、初のフルアルバム「THE ALBUM」を発売し、タイトル曲「Lovesick Girls」のミュージックビデオを公開。MV公開直後、オンライン・コミュニティなどでは「性的対象化」議論が起きました。

問題になったシーンは、メンバーのジェニがナースを連想させる衣装を着て登場するシーン。ジェニはハートが描かれた帽, 短い丈でくびれた腰を強調した白いワンピース, 赤いハイヒールなどを着用。これに対して「どうして看護師をあんなふうに表現するの?」「現職看護師だけど、かなり不快だ」といった否定的な反応が寄せられていました。(BlackPinkジェニ、「Lovesick Girls」MVナース衣装に賛否 – 「看護師の性的対象化」)

全国保健医療産業労働組合(医療労組)も5日「MV中の看護師描写は、明白な性的対象化」「医療労組は女性と看護師に対する性的対象化と性商品化に断固反対」「BlackPinkの新曲が各種グローバルチャート上位にランクされている今、その人気と影響力にふさわしいYGエンターテインメントの責任ある取り組みを促す」との声明を発表しています。(医療労組「BlackPinkジェニの”Lovesick Girls”ナース衣装は、性的対象化…責任ある対処要求」)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る