K-pop3大事務所以外の男性アイドルが衰退


“中小事務所”所属のK-POP男性アイドル・グループの衰退が話題になっています。

あるK-POPファンは11月4日、韓国オンライン・コミュニティに「Seventeen以降4年間、地上波1位を獲得した”中小”の男性アイドルグループがいない」「音源でも良い成績をを残せてない」とし、その衰退を嘆く投稿を行いました。

“中小”男性アイドル・グループについて、投稿者は「3大企画会社(SM, JYP, YG)とプデュ・グループを除いたグループ(ビックヒットも大手と考えられるが、意見が分かれる)」と定義。





投稿者は、2009~2019年デビュー組の中から、地上波(KBSミュージックバンク, MBC音楽中心, SBS人気歌謡)で1位を獲得した”中小”男性グループをリストップし、「2016年デビュー組から、地上波1位を獲得した”中小”男性グループはいない。1位の候補ノミネートもアストロ(チャ・ウヌ所属グループ)とTXT(BTSの事務所後輩グループ)以外は無し」と指摘。

また、音源成績についても、「3世代ナムドル(2012~2019デビュー)の中でメロン年間チャート入りしたアイドルは、EXO(SM), BTS(ビックヒット), Wanna One(CJ), Winner&iKON(YG), BTOB(Cube)の6グループ以外は、皆無」としています。

この投稿を見た他のユーザーは「プデュの存在」や「アイドルグループの寿命が長くなったこと」などをその要因に挙げています。

地上波で1位を獲得した中小事務所の男性アイドルグループ(2009~2019年デビュー)

2009年デビュー組
・BEAST(ビースト)

2010年デビュー組
・CNBLUE
・INFINITE
・TEEN TOP
2011年デビュー組
・B1A4
・Block B
2012年デビュー組
・VIXX
・BTOB
・BAP
・NU’EST
2013年デビュー組
・BTS(防弾少年団)

2014年デビュー組

(該当グループなし)

2015年デビュー組
・MONSTA X
・SEVENTEEN

2016年~2019年デビュー組

(該当グループなし)




[コメント欄には…]

「TXTがきそうだけど」
「正直、ナムドルだけじゃなくて、ヨドルも事情は同じ。ナムドルは、それでもある程度人気出れば、海外ツアーできる」
「アイドル寿命が延びて長くなって、世代交代が厳しくなった」
「”中小”はCJがプデュで独占した」
「もうプデュできないでしょ」
「ほとんどの主な所属事務所がプデュXに、デビュー組の男ドルを送り出した状態だから、しばらく無理」
「TXTはタイミングが良ければ、次のアルバムで地上波1位行けそう」
「TXTは人気出そうだけど、”中小”と見るかは微妙」

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です