スティーヴ・アオキ、防弾少年団とのコラボ曲を批判されコメント


SMプロデューサーが防弾少年団ファンを批判した件に関して、スティーヴ・アオキがTweetしています。

SMプロデューサーであるソウル在住のMarz_music(ポール・トンプソン)氏が24日、インスタ・ライブの放送中にBTSファンを批判。また、ティーヴ・アオキとBTSのコラボ曲 “Mic Drop” を”Trash“とディスったとも伝えられていました。


これにDJティーヴ・アオキが2月26日、ArmyのTweetに反応する形で、次の様にツイート。

「ある人がゴミと呼んでも、他の人達にとってはゴールドかもしれない。他人がどう考えようが、自分がハッピーだ思うモノと離れる必要はない」





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です