T-ara(ティアラ)を商標申請中のMBKエンタ、コメントを発表


T-araの4名のメンバーMBKエンタとの契約が満了、契約更新にサインしなかったことが伝えられる中、MBKエンタ側がT-araの商標を申請していることが、スポーツ朝鮮の独占取材で明らかになっています。

スポーツ朝鮮によると、MBKエンタは12月28日、特許庁にT-ARAの商標を出願したとし、商標が登録されたら少なくとも10年間、T-ARAの名前で活動できなくなると報じています。また同じような事例としてビースト(BEAST)を挙げ、グループ名を変更して活動する可能性にも触れています。

これに関して、OSENが8日、MBKエンターテインメントのコメントを掲載。

MBKエンターテインメント「T-araという名前を商標出願した。事務所として、十分に(その権利を有しているから)特許庁に商標を登録できるものと考えている」

MBKエンターテインメント「第2のBEASTの事態になるとの見方は、ただの憶測」、「ビーストの例では、名前の使用が禁止されていた」とし、「ティアラと我々は美しい別れをした。良い別れ方をして、まだメンバーたちは今後の活動の計画を決めていない、そのような状況で、(当社が)批難を受けるのは適当ではない」

(ソース:1,2)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です