Wanna Oneのダニエル、人気について「実感がわかない」


Wanna Oneのカン・ダニエルが”InStyle” 10月号の表紙に登場
男性がInStyleのカヴァーを飾るのは2003年の創刊以来、14年間一度も無かったことだとしています。またダニエルにとっても、単独でファッション誌のカヴァー・モデルを務めるのは初めてのこと。

今回のテーマは「カン・ダニエル50の顔」、撮影前はお茶目な笑顔を見せていたダニエル、撮影がスタートするとこれまで見せていなかった表情を見せ、現場にいたスタッフを感心させたと伝えられています。

忙しいスケジュールをこなすダニエルは「本当に勿体ない程の愛を受けているようで、僕がこのような待遇に相応しいのかどうか」と謙遜した様子、「まだ実感が湧きません」と現在の自身の人気について話していました。



ダニエルはまた「TVで見ていた人達たちが、横に座っているのが不思議」とし「”ハッピートゥゲザー3″に出演した回の放送を見れば分かると思うけど、僕がユ・ジェソク先輩をずっと不思議な目で見ていた」とデビューしたばかりの新人の一面をのぞかせていました。

InStyleの10月号は、9月20日に発売になります。



(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です