in

IVE所属スタシ、サイバーレッカーへの強硬対応宣言「脱オタク収容所に対する訴訟進行中…グーグルから運営者情報入手」


IVE(アイヴ)」が所属するスターシップが、「脱オタク収容所」をはじめとするゴッシップ系YouTuberへの強硬対応を宣言しています。

スターシップは25日、以下のような声明文を発表しました。

広告

「当社はオンライン、SNS上で流布されている所属アーティストと関連した悪意的な誹謗、虚偽事実流布、人身攻撃性掲示物、名誉毀損掲示物と悪質コメントに対して法的に強硬に対応してきています」

「2022年11月、法務法人を通じて『脱オタク収容所』を相手取って民事刑事訴訟と海外での訴訟を進めています。2023年5月、米国裁判所から情報提供命令を受け、2023年7月に米国グーグル本社から『脱オタク収容所』運営者に対する有意義な情報を入手した。しかし偶然にも、グーグルから通知がなされた頃、『脱オタク収容所』が突然ハッキングされたとしてチャンネル内の動画が削除され、アカウント自体がなくなってしまい謝罪文が掲載された」

「『脱オタク収容所』が当社所属アーティストのIVEメンバーに対して持続的な虚偽事実流布で深刻な名誉毀損をし、これによって当社業務に対する妨害があったことはよく知られた事実であり、今回ネイトパンに上がってきた『脱オタク収容所』運営者という文でもこれを自ら認めた経緯があります。スターシップは『脱オタク収容所』謝罪文の真偽および真意とは関係なく、過去の不法行為に対しては現在進行中の訴訟を通じて、民刑事上の責任を最後まで問うつもりです」

「当社は現在、法的手続きを通じて『脱オタク収容所』をはじめとする「サイバーレッカー」運営者に対する個人情報を追加で確認中です。既存のサイバーレッカーに対する法的措置がなかったわけではありませんが、結局身元を把握できず中断されたケースが多かった。しかし、当社は法務法人と共に既存の訴訟とは異なり、身元について把握がなされる措置を取り、これを通じて『脱オタク収容所』をはじめとする「サイバーレッカー」運営者に対しても責任を追及しようと思います」

スターシップはは「当社は所属芸能人の名誉とプライバシー、人格など権利を保護するために常時モニタリングシステムを運用しており、アーティスト名誉毀損および追加的な被害事例に対して今後も合意なしにすべての可能な法律的措置を取る予定」「ファンの皆様が教えてくださる情報提供や資料が当社の法的準備や対応に大きく役立っているだけに、持続的な情報提供を要請します」と伝えています。

「脱オタク収容所」は、K-POPアイドルに関するゴッシップを発信することで知られており、その内容は誹謗的との指摘を受けています。IVEのメンバーでは「ウォニョン」に関する動画を多く投稿。同チャンネルは6月、突然チャンネル名が「TeslaLive」に変更され、動画はイーロン・マスク氏の映像のみがアップされた状態に。乗っ取り被害にあったものとみられていました。









Subscribe
guest
59 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る