in

TXT「2021 MAMA」で冷遇? ファン不満「ヨンジュン、サムネなし+セット質素+スビンのスピーチ途中でカット」


音楽授賞式「2021 MAMA」が11日に開催。「TXT(Tomorrow x Together)」の扱いについて、ファンから不満の声が出ています。

TXTは同日、「ワールドワイド・ファンズ・チョイスTOP10」の受賞に加えて、「Frost」「LO$ER=LO♡ER」のステージを披露。また、メンバーの「ヨンジュン」が第4世代グループのメインダンサーらと共にオープニングステージを飾りました。

しかし授賞式終了後、TXTファンの不満が噴出。グループの扱いについて、批判的な書き込みがSNSで目立っていました。

ファンが不満に思っている点は次のようなものです。

1. スビンの受賞スピーチが途中で切られる。

「ワールドワイド・ファンズ・チョイスTOP10」の受賞スピーチでのこと。リーダーの「スビン」が締めの挨拶をしようとした際、マイクがオフになり会場は暗転。放送ではVCRが流され、「スビン」の締めの挨拶は放送に乗りませんでした。

ただ、「スビン」は冒頭で挨拶しており、その部分はカットされていません。

2.サムネイルに「ヨンジュン」なし

第4世代グループのメインダンサー「6人」が参加したオープニングステージ。MnetのYouTubeチャンネルにアップされた動画のサムネイルに、「ヨンジュン」の姿はありませんでした。(後に修正された)

3.TXTステージ関連
セットが同世代グループより「質素」だった。「Stray Kids」と比べると、差を感じざるを得ません。また分量が少ないとの意見も。


ライティングやカメラワークにもファンから不満の声が。

これはアーティスト側も不満に思っていた可能性があります。MAMAステージの練習映像が、放送直後に公式YouTubeチャンネルにアップ。これについて、不満の表れと受け取る向きがあります。

また、TXTの振付師もインスタで不満を吐露。「みんな、本当に頑張って準備した。だけど、MAMAの映像では音源がみんな遅れて残念だ。オフィシャル映像を見に行きましょう」と書き込んでいます。


TXTの扱われ方は、韓国オンラインコミュニティでも話題に。ネットユーザーからは次のような反応が寄せられています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「MOAなら分かるよ。ヨンジュンは オープニングステージの準備ですごく一生懸命努力したと思う。年末の舞台が終わったらヨンジュンが泣きそうだと言った。リハーサルする前にもWeverseに来てすごく『緊張する』と『うまくできるように力をくれ』と言ったのに… そのように熱心に準備したのにサムネイルでヨンジュンだけ切ったのがとても腹が立つ」
▼「話してるのに暗転してVCRに行く。最後までスピーチしたスビン。なぜ人の話を切るんですか」
▼「他のファンたちも感じるくらい、トゥバにだけ冷遇した。ビッグヒットの性格を知りながら」
▼「オープニング6人が1つのグループでもなく、それぞれチームを代表して出たのに、1人だけいないというのはありえない」
▼「私は受賞の感想を言っている途中に、マイクと照明を消してしまったことは本当にレジェンドだと思う。ムカつく」
▼「Mnet本当にひどいな(笑) TXT他の舞台より短いし、小物もほとんどなかった。あと、メンバーの顔のアップはほとんどなかったよ」





guest
50 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る