in

HYBE新レーベル「ADOR」設立、ミンヒジン・グループ2022年デビューへ


HYBEが新規レーベル「ADOR(All Doors One Room」を設立。公式サイトとTwitter, Instagramがオープン。レーベルを率いるのは、ミン・ヒジン氏です。

HYBEは12日、「ミン・ヒジンCBOが(レーベルの)代表取締役に選任された。マルチ・レーベル体制下での独立レーベルで、既存のレーベルでは試みられない差別化された事業を展開していく予定である」-

続けて「ADORは2022年のデビューを目標に、レーベルだけの哲学と色を盛り込んだ新人ガールズグループを披露する計画」と伝えました。

ミン・ヒジン氏はSMエンタ出身で、2019年にHYBE(当時BigHit Ent)に合流。SMでは、”ビジュアル・ディレクティング”や”コンセプト”という概念を取り入れ、市場の流れを変えた先駆者という評価を受けています。少女時代やSHINee, EXOなどを手掛けています。


レーベルのトップに就任したミン・ヒジン氏は「新規レーベルのローンチにより、音楽産業にもう一度変化を起こす準備ができた。新しい挑戦を恐れることなく、ADORならではの哲学を見せることができるアーティストIPとコンテンツを公開していく」と抱負を述べました。


「ADOR」は2022年に初の新人ガールズグループを披露する予定。これまで「ミン・ヒジンガールズグループ」と呼ばれ、期待を集めてきたグループです。

2019年には「プラスグローバルオーディション」を開催し、メンバーを募集。そのメンバーを中心に制作される予定で、ミン・ヒジン代表がプロジェクトを総括します。

HYBEはこのグループとは別に、IZ*ONE出身「宮脇咲良」と「チェウォン」が参加するグループのデビューも準備中です。(宮脇咲良&チェウォン「ミン・ヒジンのグループ」に合流せず….別のグループ)

HYBE新レーベル「ADOR」設立のニュースについて、韓国ネットユーザーからは次のような反応が寄せられています。

(韓国オンライン・コミュニティの反応)
▼「おおお」
▼「バンタンのコーラスしてくれたADORAがデビューすると勘違いした。名前似てるよ」
▼「宮脇咲良グループと違うグループみたいだ。宮脇咲良はソースから出てるんでしょ」
▼「動画すごく可愛い」
▼「ミン・ヒジンさんの顔、初めて見た」
▼「宮脇咲良のソースミュージックとADORの2グループが出る」
▼「いつ出すの? 何年も構想ばかりだ」
▼「Source Musicでやると思ったら、新しく作ったね」





guest
50 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る