in

aespa「ジゼル」謝罪…「Nワード」口パクで「もっと学ぶ」


aespaジゼル」が、曲に出てきた「Nワード」をリップシンクした件について、謝罪しました。

ジゼルは25日、aespa公式Twitterを通じて「こんにちは、ジゼルです。現場で流れていた曲の歌詞に含まれていた、良くない言葉をリップシンクしたことを謝りたい。いかなる意図もありませんでした」-

続けて「私のお気に入りのアーティストの曲がかかり、夢中になってしまった。心から謝罪します」、「私は学び続け、自分の行動にもっと気をつけます」と謝罪しました。


ジゼルのリップシンクする姿は、最近公開された「Savageビハインド映像」に含まれていました。この中で、ジゼルは「SZA – Love Galore」に出てくる「Nワード」を口パクしていました。

「Nワード」はアフリカ系アメリカ人に対する蔑称。アフリカ系アメリカ人以外は使用してはいけないとされており、海外ファンは不快感を表していました。

SMエンタは問題を意識してか、「ビハインド映像」を非公開にしていました。
(aespaジゼル「Nワード」口パクで物議….SM動画を非公開に)





guest
66 コメント
"いいね"順
新しい順 古い順
Inline Feedbacks
全て見る